今人気の「ハンターカブ」で勝手気ままなアウトドア! ソロキャンプツーリングの魅力って何? (1/2ページ)

今人気の「ハンターカブ」で勝手気ままなアウトドア! ソロキャンプツーリングの魅力って何?

人気のハンターカブで行くソロキャンプの魅力とは

 最近、125ccクラスのバイクが大人気です。ピンク色ナンバーの原付二種バイクですね。私の愛車は「CT110」という、105ccで出力7.6psほどのトレッキングタイプのカブです。通称「ハンターカブ」と呼ばれていて、現在新車で売り出されて人気を博している「CT125ハンターカブ 」の先代モデルに当たります。

 50ccのカブがベースとなった車体に、2倍の排気量ですから見た目以上によく走ります。当然ながらスポーツタイプの125ccや今どきの125ccスクーターと比べたら加速やスピードなどはとても敵いませんが、大きなリヤボックスに荷物を満載していても低速トルクがあるので、ストトトトッと出足はよく、一般道の流れをリードできるくらいには元気に走れます。

 

「足が長い」のでお気軽キャンプツーリングの相棒として最適

 燃費はだいたい普通に走って50km/L前後です。ソロツーリングで林道を走ると、知らないうちに奥地まで入ってしまって帰りのガソリンが心配になることがよくありますが、その点ハンターカブなら安心です。シートの下にはカブとしては大きめな5.5Lのガソリンタンク(内0.8Lが予備タンク)があり、無給油で約270kmの走行ができる計算になります。ハンターカブの魅力とは

 さらに荷台の左下には丸い水筒型のサブタンクがセットされていて、こちらに約2.5Lのガソリンが入るので、合計で約400kmはガソリンスタンドのお世話にならなくても走破できます。ハンターカブの魅力とは「林道に入る直前で満タン給油」というルールさえ守っていれば、山でガス欠で泣くことはほとんどありません。このバイク、近所にお使いに行くだけでも楽しいけど、ふらりとひとりで出かけるお気軽キャンプツーリングの相棒としてその本領を発揮してくれます。

画像ギャラリー