「美人レーサー」がトップタイム連発! 老舗GT-Rチューナー「マインズ」が本気を出した「マーチ&ノート サーキットトライアル」 (1/2ページ)

「美人レーサー」がトップタイム連発! 老舗GT-Rチューナー「マインズ」が本気を出した「マーチ&ノート サーキットトライアル」

愛車で限界走行を楽しめるタイムアタック

 今、コンパクトスポーツのタイムアタックが熱い。とくに注目したいのは「MARCH & NOTE Circuit Trial」だ。日産マーチNISMO Sと日産ノートNISMO Sが参加。それぞれにタイムアタックを行うというもの。ここに数々の伝説を残すチューニングショップ「マインズ」が参戦。ドライバーを務めるのは猪爪杏奈。この本気アタックが周囲を刺激して、熱いバトルを繰り広げている。どんなところが魅力なのか。猪爪選手自らリポートする。

ウエット路面のアタックに気分は盛り上がる!

 7月4日に袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された「MARCH & NOTE Circuit Trial 特別戦」に参戦しました。日産スポーツカークラブ主催の「SCCN JULY RACE MEETING in SODEGAURA大会」内で行われ、Legend Car RaceとZ-Challegeも併催ということもあり、当日のピットは満員御礼! 残念ながら終日雨でしたが、ウエット路面のタイムアタックにワクワクしていました。わたしはGT-Rチューニングで有名なMine’s(マインズ)のショップデモカー「MINE’S NOTE RS」をドライブさせていただきました。このパッケージで参戦は2年目なので、それぞれを説明しますね。

【関連記事】実は愛車を「改造」しなくてもOKだった! サーキット走行で注意すべき「3つのポイント」とは

マインズが日産ノートNISMOでタイムトライアルにチャレンジ。ドライバーは猪爪杏奈!画像はこちら

ステップアップシステムがあるから初心者も安心!

 2017年から始まった「MARCH & NOTE Circuit Trial」はマーチNISMO SとノートNISMO Sで争われるワンメイクのサーキットトライアルです。クラスは1500Cと1600Cの編成。20分×2回のタイムアタックで総合順位を争います。

マインズが日産ノートNISMOでタイムトライアルにチャレンジ。ドライバーは猪爪杏奈!画像はこちら

 参加資格は免許証を持っていれば誰でもOK!ただし、最低限の車両装備とレーシングギアは必要です。改造クラスとノーマル(無改造)クラスがあり、ノーマルクラスはLSDやサスペンション、エンジンチューニングはできないレギュレーションです。まずはノーマルで参加し、愛車でサーキットを走る楽しさを体感してもらう。よりレーシングを楽しみたくなったら、改造クラスに挑戦。ビギナーの方には、提携のドライビングレッスン受講から勧めており、このステップアップシステムは参加者の安心と安全に繋がるから素晴らしいと思いました。

マインズが日産ノートNISMOでタイムトライアルにチャレンジ。ドライバーは猪爪杏奈!画像はこちら 現場の雰囲気は、エントラント同士積極的にコミュニケーションをとって和気あいあいとして、タイムアタックの時だけ自分との戦いに集中。みなさん純粋にモータースポーツを楽しんでいて、初めての方も気軽に参加しやすい空気だと感じました。

画像ギャラリー