「ヘリが降りてきてメンテ」「ノーヘルで走行」! 今じゃありえない「なんでもアリ」だったサファリ・ラリー秘話 (1/2ページ)

「ヘリが降りてきてメンテ」「ノーヘルで走行」! 今じゃありえない「なんでもアリ」だったサファリ・ラリー秘話

みんなの力でゴールを目指す ラリーの原動力もサファリ独特だった 

 今年のサファリ・ラリー(世界ラリー選手権第6戦6月24〜27日)で好成績を上げたタカ(勝田貴元選手)は、やる気と自信に満ちてエストニアラリーをスタートしたけど残念な結末になってしまったね。(序盤2日目SS4を終え総合3番手にあったが、ジャンプ後の衝撃を首に受けたコ・ドライバーの健康を気遣いリタイヤの決断:編集部注)

 さて話はアフリカに戻って、昔のサファリラリーの特徴だったTC(タイムコントロール)制時代の話をしよう。昔のサファリを懐かしむ人が多いのは、このTC制だから起きたさまざまなことが面白かったせいもある。

ノー・ヘルメットはインド文化伝承の賜物だったのかも

 SS(スペシャルステージ)ではないのでヘルメットを被らなくていいのは、コースを閉鎖できずSSにできないのではなく、逆にターバンを被ったインド系の選手が多いからヘルメットを被らなくていいTC制にしているのだ、とインド系アフリカ人が言ってたが、真偽のほどは定かではない。

 でも確かにかつて3回勝ったレジェンド、ジョギンダ・シンさんなんかターバンでドライブしてたな~。

ヘルメットを被らずターバンでドライブしていた伝説のサファリ王者J・シン(右)と

マラソンペースランナーの逆バージョン「部品調達チェイスカー」も

 そしてサービスは自由自在、どこでもできた。アベレージの高い競技区間だって、壊れればサービス隊が駆けつけられるし、チェイスカーというラリーカーとほぼ同じ仕様のマシンが少し後ろを走っていて、(公道扱いなので誰でもコースの中に入り込める)マシンが壊れれば、チェイスカーの部品を外して交換するという荒業を使い、ラリーカーを生き返らせる。後続のチェイスカーは部品供給などに応じるワークスカー そのチェイスカーもまた、後から走ってくるサービスカーが直してまたラリーカーを追っかける、という寸法。

 マシンがトラブりそうな荒れたセクションにはあらかじめサービスカーを配置しておくなど、人員に余裕があるワークスチームは物量作戦で挑んでいた。

ヘリコプターですぐにやってくるサービスも

 究極はエアサービスだ。

 ラリーカーの上をヘリコプターが飛んでいて、マシンが壊れたらヘリが降りてきて修理してくれる。これこそ最高級おもてなし的サービスだ。サファリ・ラリー特有のヘリコプターのエアサービス 篠塚建次郎選手のチームで参戦していた時のことだが、オイラにはサービススケジュールを組む役目があり、サービスカーの移動やサービスポイントをプランしていた。先に記したようにサファリ・ラリーはTC制なので、どこでも自由にサービスができるので、事前にやりやすい街道沿いのスタンドやら平らな広場やらを探しておくわけだ。

 そしてこれに加えて、数時間ごとにヘリコプターにも給油する必要があるので、ヘリが降りられる道端のポイントも探し、そこにドラム缶を運ぶ予定も組まなければならず、と大変だった。

画像ギャラリー