クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 日産アリアが「クロスオーバーSUV」として登場した「本当の狙い」とは?「次なる一手」に望むこと
ワークスチーム
share:

日産アリアが「クロスオーバーSUV」として登場した「本当の狙い」とは?「次なる一手」に望むこと

投稿日:

TEXT: 御堀直嗣 PHOTO: 日産/AUDI/VWAFCA/Auto Messe Web編集部

日産の威信をかけた電動クロスオーバーSUVが登場

 リーフとe-NV200に続く電気自動車(EV)として、一昨年の東京モーターショーで公開されたアリアが、いよいよ発売された。6月からの予約注文を期に、日産自動車は限定車となるアリア・リミテッドの詳細を発表した。そしてわずか10日で、4000台の受注を得たという。日産アリア

 仕様は大きくふたつに分かれ、車載バッテリー量が66kWh(キロ・ワット・アワー)のB6と、91kWhのB9となる。これは、40kWhのリーフ標準車と、62kWhのリーフe+(eプラス)と同様の考え方だ。そしてそれぞれに、前輪駆動(FWD)と4輪駆動(4WD)の選択肢がある。日産アリア

 限定車としてのアリア・リミテッドの車両価格は、660~790万円となる。ただし、補助金を活用すると約500万円から購入できそうだとのことだ。

EV市場はSUVタイプの投入が目立つ

 モーターショーでの発表当初から、アリアはクロスオーバーの姿をしており、SUV(スポーツ多目的車)の延長といえる。米国のテスラが、セダンからSUVへ車種を拡張していったのと異なり、エンジン車を含め現在の時流にそったクロスオーバー(またはSUV)での車種の拡充となる。このあと、同じくモーターショーで公開された軽EVのIMkが続くことになるだろう。日産IMk

 国内外を含め、このところEVの発売が相次いでいる。その動向を見ると、アリアと同じようにクロスオーバーあるいはSUVの形態での市場導入が目立つ。

 マツダは、同社初のEVとしてMX-30を今年発売した。レクサスも、ごく少量だがUX300eでEV販売を始めた。マツダMX-30

 輸入車では、メルセデス・ベンツがEQCを発売し、続いてEQAを導入する。アウディは、e-tronで本格的にEVへの移行をはじめ、このあとQ4 e-tronスポーツバックが続く。アウディe-tron

 BMWも、2013年にコンパクトハッチバック車のi3のあと、iX3を発売し、続いてiXを登場させる予定だ。フォルクスワーゲン(VW)も、ID:4というクロスオーバー車を用意している。フランスのプジョーは、e-2008をe-208とあわせて発売している。VWID:4

 以上のように、国内外を問わず世界的な新車市場で根強い人気を誇るSUVを基にしたクロスオーバー的な車種でのEV展開が強化されているのである。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS