イマドキの新車に負けない「クラシック911」が手に入る! 最近よく聞く「レストモッド」とは何か (1/2ページ)

イマドキの新車に負けない「クラシック911」が手に入る! 最近よく聞く「レストモッド」とは何か

往年の名車を現代流に「リブート」する新潮流

 最近「レストモッド」という言葉を聞く機会が増えてきた人も多いのではないだろうか? この「レストモッド」とは、古くなってしまって各部が劣化してしまった車両を新車状態のように近づける「レストア」と、車両をカスタマイズするときに用いられる「モディファイ」を掛け合わせた造語となる。

 レストアがなされるような車両は今から数十年以上前のクラシックカーが中心であり、もちろん当時の雰囲気をそのままに復元するレストレーションも十分に価値のある行為である。それにプラスしてエアコンやパワステ、ナビゲーションといった現代車には必要不可欠な快適装備をプラスしたり、エンジンをより信頼性が高くパワーのあるものに換装したり(場合によっては電動化される場合もある)といったカスタマイズも同時に実施。現行車にも勝るとも劣らない快適性と走行性能をプラスするのがレストモッドというワケだ。

【関連記事】なぜ2世代も前のスバル「サンバー」が今なお愛されるのか? 「WRブルーマイカ」の限定車を京商のミニカーで振り返ろう

キメラ•アウトモービリ キメラEVO37画像はこちら 現在は数多くのファクトリーがレストモッドを手掛けているのだが、元々レストアがなされるほど価値の高いクラシックカーをベースに、本格的なレストレーションに加えて大幅なモディファイもなされるため、その価格は天井知らず。

 オーナーの要望に合わせてモディファイがなされる場合もあるため、その価格は“時価”と言えるほど。われわれ一般庶民には到底手が届くものではないのだが、それでも欲しくなるほど魅力的なレストモッドモデルをご紹介したい。

ポルシェ911 リイマジンド by シンガー

 アメリカのカリフォルニア州に本拠を置くシンガー社は、顧客の要望に応じてポルシェ911のレストア、チューニング、カスタマイズを行っている。911をベースに新車と見まがうほどのレストレーションを実施している。

【関連記事】なぜ2世代も前のスバル「サンバー」が今なお愛されるのか? 「WRブルーマイカ」の限定車を京商のミニカーで振り返ろう

ポルシェ911 リイマジンド by シンガー画像はこちら

 駆動方式はAWDのほか、RWDも選択でき、ステアリングの位置も右と左の両方が選択できる。当然ながら内装も新たなマテリアルで張り替えられ、トランクやエンジンルームに至るまでレザー張りとなるが、これもオーナーの希望でいかようにもすることが可能だ。ポルシェ911 リイマジンド by シンガー画像はこちら