クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • デザインが一緒でも「ワイドボディ」が存在! 異様に贅沢だった懐かしの国産旧車5選
CLASSIC
share:

デザインが一緒でも「ワイドボディ」が存在! 異様に贅沢だった懐かしの国産旧車5選

投稿日:

TEXT: 西川昇吾 PHOTO: トヨタ/日産/三菱/Auto Messe Web

同じデザインで幅が違う国産旧車が存在した

 同じモデル名が与えられているのに何故か3ナンバーと5ナンバーの車種がある。なんて疑問に感じたことありませんか? エンジンの排気量が異なる場合もありますが、全幅が違うという場合も結構あります。今回はそんな同じボディデザインなのに全幅が違うモデルたちをピックアップしてご紹介。

トヨタ・エスティマ(初代)

 初代エスティマと基本的には同じボディデザインが与えられたルシーダとエミーナ。エスティマはアメリカ市場をターゲットにした大型ミニバンなだけあって、全幅は1800mmと当時としてはかなり大柄でした。トヨタ•エスティマ  そこでトヨタは全幅を110mm狭めて5ナンバー枠に収まるように設計した、ルシーダとエミーナをラインアップ。エンジンはエスティマと同じ2.4Lエンジンだったため5ナンバー車扱いではありませんが、新たに用意された2.2Lディーゼルターボを選択すれば5ナンバー登録が可能でした。トヨタ•ルシーダ 今でこそミニバンと聞くとスペースを有効的に使うために角ばったボディラインが大半を占めますが、エスティマのような伸びやかな流線形のミニバンを5ナンバーサイズで乗れたのは、このルシーダとエミーナ位ではないでしょうか?トヨタ•エスティマ

日産フェアレディZ(4代目)

 同じデザインで幅はもちろん、全長やホイールベースなども異なっていたのが4代目フェアレディZ、通称Z32です。乗車定員が4人となる2by2と、2人の2シーターが同一車種に設定されていたため、両者でボディサイズが異なっていました。2by2の全長が4525mm、ホイールベースが2570mmだったのに対し、2シーターは全長4310mm、ホイールベース2450mmと同じデザインながら大幅に異なっています。日産フェアレディZ 乗車定員が異なるので全長とホイールベースが違うのは当然と言えば当然の結果なのですが、じつは全幅も2by2で1800mm、2シーターで1790mmとわずかに2by2の方が大きいのです。基本的には同じデザインの2by2と2シーターですが、両車を実際に並べて見比べるとそのボディサイズの違いが実感できるのがZ32の特徴のひとつと言えます。日産フェアレディZ

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS