クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 「GRスープラ」は直4モデルが「買い」! 昭和オヤジの「心に刺さる」理由とは
ワークスチーム
share:

「GRスープラ」は直4モデルが「買い」! 昭和オヤジの「心に刺さる」理由とは

投稿日:

TEXT: 渡辺陽一郎 PHOTO: Auto Messe Web編集部/トヨタ自動車

  • 初代ロードスターの走り
  • ロングホイールベースのZ32型フェアレディZ
  • ボディ剛性が適度にソフトなNDロードスターのSグレード
  • GRスープラのSZグレード
  • GRスープラのSZグレードのリヤスタイル
  • GRスープラSZグレードのコクピット
  • GRスープラSZグレードのホイールベース
  • GRスープラの並び
  • 赤いGRスープラ SZ
  • 赤いGRスープラ リヤスタイル
  • GRスープラRZ
  • GRスープラRZのタイヤホイール
  • GRスープラSZの走り
  • GRスープラSZリヤスタイル(ホワイト)
  • GRスープラSZ(ホワイト)フロントスタイル
  • GRスープラSZに搭載の2L直4エンジン
  • GRスープラSZのインパネ
  • GRスープラSZのシフトノブ
  • GRスープラSZのフロントシート
  • GRスープラSZのフロントタイヤホイール
  • GRスープラSZ(ホワイト)フロントスタイル

トヨタの最先端スポーツカーに漂う昭和の香り

 GRスープラは、トヨタから2019年に発売された先進のスポーツカーですが、その一方で昭和の香りを色濃く残すオヤジホイホイでもあります。

 まずオヤジには外観が刺さります。全長は4380mmですが、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2470mmと短く、N-BOXやN-ONEの2520mmを下まわります。後輪駆動車なのにショートホイールベースでロングオーバーハングは、まさに昭和の象徴です。GRスープラSZグレードのホイールベース

 1989年に発売されたZ32型4代目フェアレディZの2シーターは、全長4310mm、ホイールベースは2450mmですから、GRスープラの数値とほぼ同じです。ちなみにZ34型フェアレディZの全長は4260mm。GRスープラよりも120mm短くなってますがホイールベースは80mm長い2550mmです。ロングホイールベースのZ32型フェアレディZ

 つまり今のクルマは走行安定性を向上させ、外観に塊感を与えるため、全長のわりにホイールベースを長く設定しています。そこをGRスープラは、回頭性を機敏にする目的でホイールベースを短く抑えたため、エクステリアにも昭和の香りが漂うのです。ここがオヤジには、ちょっと心を打たれるところです。

低偏平が当たり前の時代に50偏平を履く「SZ」に惹かれる!

 そしてカタログを眺めていて(※ウェブサイトではありません)、さらにググッと来たのが、価格がもっとも安い「SZ」の外観です。タイヤサイズは17インチなので、19インチの「RZ」や18インチの「SZ-R」に比べると、タイヤのエアボリュームが感じられます(フロント225/50R17、リヤ255/45R17を装着)。GRスープラSZのフロントタイヤホイール オヤジから見れば、「RZ」の19インチなんて「コレ本当にタイヤか? ゴムベルトじゃないのか?」みたいな感じですが、「SZ」ならちゃんと空気が入っているタイヤの感じが良くわかります。GRスープラRZのタイヤホイール

ハンドルに伝わる操作感が古き良き時代の記憶を蘇らせる

 そして「SZ」の運転を始めると、これはもう感涙です。ステアリングホイールを操作したときの反応が、上級グレードに比べて少し鈍く、ちょっと懐かしい手応えを残しながら車両が向きを変えていきます。コーナーの後半でアクセルペダルを徐々に踏み込むと、後輪が粘りながらもヌメーッとした感じで緩く横滑りを始めます。GRスープラSZの走り この姿勢が徐々に乱れていく感覚こそ「昭和のエクスタシー」(もちろんスポーツカーの話です)というか、オヤジとしては若い頃を想い出して目頭が熱くなります。いうなれば回春ドライビングですね。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS