「恋も二度目なら……」レーシングドライバーがコツコツ仕上げた極上の「S30フェアレディZ」 (1/2ページ)

「恋も二度目なら……」レーシングドライバーがコツコツ仕上げた極上の「S30フェアレディZ」

自動車業界人こだわりの愛機を紹介

 自動車業界で活躍する「カーガイ」は、普段どんな愛車に乗っているのだろうか? 今回紹介するのはレーシングドライバーであり、ミュージシャンでもある吉本大樹氏。一度は手放したフェアレディZを再度手に入れたというのだが、一体どうして?

初出:HIACE style vol.87付録(一部加筆)

「いつかはもう一度」と恋焦がれて再会したS30Z

 スーパーGTのGT300クラスに「LMcorsa」から参戦するレーシングドライバー・吉本氏。自分でやれるものは自分でコツコツ仕上げていったという愛車は、S30型フェアレディZ。

【関連記事】バブル経済の申し子「エスティマ」が起こした革命とは? 当時のトヨタは「セルシオ」も生み出した熱い時代だった!

日産S30フェアレディZ画像はこちら

 以前、英国仕様の260Z(2by2)を購入したのが旧車生活のきっかけだが、その車両は海外からの帰国時泣く泣く手放すことに。そのときの思いが強く、いつかはもう一度と思っていたときに出会ったのがこのクルマだ。

 コンディションも最高で即決した車両だが、本来はGノーズ車両であった。だがショートノーズが好きだということと、スターロードのギミックが大好きで、このスタイルに変更したばかり。鈴鹿や岡山国際などのサーキットに乗っていくなど、普段使いができる仕様に仕上げられたクルマだ。