名門いすゞの超異端児! 売れば売るほど赤字だった幻のSUV「ビークロス」とは (1/2ページ)

名門いすゞの超異端児! 売れば売るほど赤字だった幻のSUV「ビークロス」とは

先見の明がありすぎた「ビークロス」という突然変異種

 ビークロスの登場は1997年3月。今から24年以上も前のことになる。だが、“同じRVのなかにセダンやクーペやスポーツカーがあってもいい”と、まるで今のSUV界のムーブメントを予知していたかのようなコンセプトでビークロスは誕生したのだった。

 当時のいすゞは1993年に3代目ジェミニを最後に、すでに乗用車の自社生産から撤退(以降ジェミニは2000年までホンダ・ドマーニ、シビック・フェリオのOEM車として継続)。1997年時点では、2代目ビッグホーン、初代ミュー、ミュー・ウィザードが自社生産の(今でいう)SUV系モデルとして残っていた。そこに、まさしくミュータントの如く現れたのが、このビークロスだった。

ジェミニベースのプロトタイプ

 車名の“VehiCROSS”は、Vehicle(乗り物)/Vision(未来像)とCross(交差)を掛け合わせた造語で、日常と非日常のクロスオーバー……そんな意味を持つ。細かいことだが、カタカナ表記が当初(プロトタイプ時)は“ヴィークロス”だったが、市販車では日本語としてのわかりやすさを考えて“ビークロス”としたとのこと。

 プロトタイプは1993年の第30回東京モーターショーに出品され、このときの高評価が後押しとなり市販化へ。このプロトタイプは当時のジェミニ(3代目のハッチバック)をベースに仕立てられたもので、実際の市販車よりもボディサイズがひとまわり小さいものだった。開発は欧州(ベルギーの拠点、イギリスの制作会社)で行われている。オリジナルのキーデザインを創出したのは、ロータスから移籍してきたイギリス人のデザイナー、サイモン・コックスだった。

【関連記事】フェラーリ「テスタロッサ」が2億6500万円! 世界に1台のはずが、なぜ複数台存在する?

いすゞ・ヴィークロスのカタログ画像はこちら

足まわりにはラリーレイドからフィードバックされた技術を採用

 アウトラインを辿ると、実際の量産化では当時のミュー、ビッグホーン(ショート)をベースに作られた。2330mmのホイールベースが共通なのはそのことを物語る。とはいえいすゞ伝統のダブルウイッシュボーン(フロント)と、リヤの4リンク式コイルサスペンションは専用にチューニングされ、前後のアルミ製モノチューブ別体タンク式ショックアブソーバーと強化キャブマウントなどは、ラリーレイドからフィードバックされた技術だった。いすゞ・ビークロスのカタログ画像はこちら

 搭載エンジンはディーゼルは設定されず、V6の3.2Lのガソリンエンジンのみ。4WDシステムには、当時の最新システムだった電子制御トルクスプリット4WD(TOD)が採用されている。いすゞ・ビークロスのカタログ画像はこちら