「雪予報」が出てからでは遅すぎる! 「スタッドレスタイヤ」と「チェーン」の準備はなぜ「早すぎ」くらいが正解なのか (1/2ページ)

noteで書く
「雪予報」が出てからでは遅すぎる! 「スタッドレスタイヤ」と「チェーン」の準備はなぜ「早すぎ」くらいが正解なのか

この記事をまとめると

  • 雪に備えたドライビングのための冬支度
  • スタッドレスタイヤやタイヤチェーンの準備は降雪天気予報前に
  • 交通情報を得て危険回避を心がける

クルマライフに重要な冬支度

 夏が過ぎ去り2021年は早くも10月。スタッドレスタイヤのCMを多く見かけるようになり、冬に向けての準備をスタートさせるべき時期に入った。しかし初雪が降った日はカー用品店やガソリンスタンドは大行列、スタッドレスタイヤへの交換が夜中まで続くのが恒例行事だ。もっとも待ち時間が長い程度ならまだマシ。冬用のタイヤやチェーンが売り切れて外出をキャンセルしたり、出先で立ち往生し帰るに帰れなくなったら目も当てられない。本格的な冬を迎える前にやっておくべきクルマの準備、積んでおけばいざというとき役立つアイテム、要注意なシチュエーションなどを考えてみよう。

雪の予報前に『スタッドレスタイヤ』と『チェーン』

 セオリー中のセオリーは『早めのスタッドレスタイヤ』だ。舗装路で使うと減りやすいのは紛れもない事実だが、雪の降る時期が近付けば当然ながら需要も増えるため、いざ買おうと思ったら売り切れなんて話はいくらでも聞く。

【関連記事】タイムスリップしたかのような優雅すぎる趣味! クラシックカー・ピクニックに憧れしかない

スタッドレスタイヤ画像はこちら 昨シーズンと同じスタッドレスタイヤを使うにせよ、雪の予報が出ると多くの人が交換に殺到する。とくに週末や祝日はハンパではない混雑になるので、時間をムダにしないためにも早め早めの交換を心がけたい。

 スタッドレスタイヤまでは必要なくチェーンを積んでおけば十分という人も、雪が降れば売り切れてしまう可能性があるので早めの購入がオススメ。またチェーンをさほど頻繁に使わない人は、雪のシーズン前に練習がてら装着し、いざというとき戸惑わないようにしたい。タイヤチェーン画像はこちら

 続いては雪道でスタックしたときに役立つグッズを。雪かきに使うスコップは定番中の定番として、タイヤの下に敷いてグリップさせるラダーと、牽引ロープの3点があればかなり便利。スコップは折りたたみ式なら場所も取らないし、ラダーは古くなった大きめのタオルでも代用できる。あとは作業で汚れてもいい防寒着と、手袋もセットで積んでおこう。ココまでは『ハード』面の冬対策。

スタック脱出のスコップ画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー