「GT-R」に「マーチ」「シルビア」! ニスモとオーテック入魂の「味違いコンプリートカー」3選 (1/2ページ)

「GT-R」に「マーチ」「シルビア」! ニスモとオーテック入魂の「味違いコンプリートカー」3選

日産2大ブランドの個性派コンプリートカーを振り返る

 日産の純正カスタマイズモデルと言えば、レーシーなニスモとプレミアムスポーツなオーテックを思い浮かべる人が多いことでしょう。今や多くの車種を手掛けるニスモとオーテックジャパン(以下オーテック)ですが、過去には両ブランドのより尖った仕様が、同じ車種に設定されていたりしました。今回は両方設定されていた車種と、その尖ったオリジナリティあふれる内容をご紹介!

R33スカイラインGT-R

 1995年に登場したR33型スカイラインGT-R。R32から続くチューニングブームと車検の規制緩和の影響により、多くのユーザーとショップがチューニングベースとしたモデルです。そんなR33ですが、日産ワークスであるニスモも、ハイチューンドマシンのベースとしました。

 こうして登場したのが400psを発生する、ニスモコンプリートの限定モデル400Rです。そのチューニング内容は多岐に渡り、当時の新車価格で1200万円というプライスが付けられました。

【関連記事】日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

NISMO 400R画像はこちら

 当時の日本車としては高額ですが、チューニング内容と「メーカーワークスチューンの400ps GT-R」ということを考えれば、破格と言えるモデルでした。

 そしてオーテックが手掛けたR33が、スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40thアニバーサリーです。簡単に言ってしまえば「4ドア版GT-R」なのですが、単純に既存のパーツを使って4ドアGT-Rを作り上げたのではなく、リヤシートやフェンダーなど必要な部分は新たに設計されました。スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40thアニバーサリー画像はこちら

 わずかな生産台数の限定モデルというのに、新規でフェンダーを作るという生産工程を考えると赤字必須な判断には驚かされます。