知る人ぞ知る「羊の皮を被ったオオカミ」!「マーチS-tune」は「通好み」の激辛ホットハッチだった (1/2ページ)

noteで書く
知る人ぞ知る「羊の皮を被ったオオカミ」!「マーチS-tune」は「通好み」の激辛ホットハッチだった

この記事をまとめると

  • 3代目マーチにあったニスモコンプリートモデル
  • ニスモのスポーツリセッティング・フルキット仕様を組み込んでいる
  • 流通台数が少ないのが玉にキズ

走りのこだわりが詰まったマーチS-tune

 日産の普通車のボトムラインを担う車種として、初代モデルが登場した1982年よりその座を守り続けているマーチ。運転しやすいコンパクトなボディサイズとリーズナブルな価格でエントリーカーとして知られるところだが、マーチにはもうひとつの顔がある。それこそがモータースポーツのベース車であるということだ。

 初代モデルのマーチRから始まり、ラリーやジムカーナ、ワンメイクレースといったさまざまなジャンルで活躍してきたホットハッチという側面もある。国内では現行型となる4代目モデルにもNISMOシリーズが用意されているのは、多くの人が知るところだろう。

 そんなマーチの3代目、K12型のホットモデルとしてはオーテックジャパンが手掛けた「12SR」が有名であるが、じつはそれとは別にニスモが手掛けた「S-tune」というコンプリートカーがあったのをご存知だろうか。

【関連記事】限定コンプリートカーをイジるなんてもったいない!? 究極のメーカー謹製チューニングカーの論争に決着

日産マーチS-Tune画像はこちら

専用チューンを施し数値には現れない速さを実現

 このS-tuneは、1.2Lエンジンを搭載した「12C」グレードをベースに、ニスモのスポーツリセッティング・フルキット仕様を組み込んだもの。その内容は専用ECM、キャタライザー付エキゾーストマニホールド、センターマフラー、メインマフラー、エアクリーナー、プラグを交換し、プレミアムガソリン仕様としたもの。

【関連記事】限定コンプリートカーをイジるなんてもったいない!? 究極のメーカー謹製チューニングカーの論争に決着

日産マーチS-Tune画像はこちら カタログ上のスペックは90ps/12.3kg-mと不変だが、最大トルクの発生回転数がベースの4000rpmから3200rpmへと低められている。そのため低速域からのパンチはノーマルを大きく上まわり、数値には現れない速さを実現していたのだ。日産マーチS-Tune画像はこちら 足まわりには20mmローダウンとなるG-ATTACK S-tuneサスペンションが標準装備となり、オプションで車高調整式のR-tuneサスペンションキットも選択できた。ホイールはマーチカップ用に開発されたMM-8が採用され、タイヤもブリヂストン製のスポーツタイヤが標準で組み込まれていた。

noteで書く

画像ギャラリー