マーチが330万円という衝撃! 手組エンジンでわずか30台限定の「A30」の中身が圧倒的だった (1/3ページ)

マーチが330万円という衝撃! 手組エンジンでわずか30台限定の「A30」の中身が圧倒的だった

ほど良く「ホット」なオーテック30周年記念車

 日産車のラインアップには、ハイウェイスターやライダー、ニスモなど様々なワークスカスタム車があるのはご存じの通り。それらの中で、特に個性的だった1台が「マーチ ボレロA30」だ。マーチ ボレロA30

 2016年に日産傘下のカスタム車メーカー「オーテックジャパン」が、創立30周年記念車として30台限定で販売したこのモデル。ベースはコンパクトカーの「マーチ」で、顔はドレスアップ仕様の「マーチ ボレロ」そのもの。つまり「マーチボレロと何が違うの?」と一瞬思うかもしれない。

 だが、よく見るとボディは全幅が1810mmもあるマッチョ系。しかも、チューンされたエンジンはなんと150psを発揮! ちょっと体格はいいけど見た目は「羊」、でも中味は走りが楽しい「狼」という、面白いコンセプトのマシンなのだ。ワイドトレッド、ワイドフェンダーのボレロA30

 ここからはそんな超レアなスポーティ仕様、マーチ ボレロA30とはどんなクルマだったのかを紹介する。

330万円超のマーチが即売り切れ!

 親しみやすい丸いボディを持つマーチは、どちらかと言えば女性やファミリーにも人気の大衆車というイメージだ。だが、一方で、2004年に発売された3代目(K12型)ベースの「マーチ12SR」や、現行4代目(K13型)ベースの「マーチNISMO S」など、走りが楽しいスポーティ仕様も幾つか存在する。

 それらはいずれもエンジンや車体、足まわりなどがチューンされた、いわば日産のワークスカスタム車だ。マーチ ボレロA30もそんな仕様の1台なのだが、前述の通り、わずか30台しか販売されなかったという極めて激レアなモデルだ。オーテック創立30周年記念モデル「ボレロA30」

 製作したのは、日産のカスタム車や特装車などを手掛けるオーテックジャパン(マーチの12SRやNISMO Sなども同社が製作を担当)。前述の通り、創立30周年記念車であることから、販売台数は30台に限定。しかも価格はなんと(税抜で)330万円!30台限定販売のボレロA30

 それでも、インターネットで行った商談申し込みは、予定台数をはるかに上回り(一説には約20倍)、商談は抽選になるほどの人気だったという。

画像ギャラリー