「ハチロク」「ジェミニ」「インプレッサ」が本気バトル! 日本唯一のヒルクライムイベント「御岳高原ヒルクライム2021」 (1/2ページ)

「ハチロク」「ジェミニ」「インプレッサ」が本気バトル! 日本唯一のヒルクライムイベント「御岳高原ヒルクライム2021」

全日本ラリー参戦車両のシュコダ・ファビアR5も激走

 一般公道を占有して開催している日本で唯一のヒルクライムイベント「BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ」の第6戦「御岳高原ヒルクライム2021」が10月2日(土)~3日(日)に開催された。

【関連記事】「ドリフト禁止」のサーキットはなぜ増えた? 「騒音」だけじゃない一部のモラルの低さが原因でした

シュコダ・ファビアR5のデモラン画像はこちら この第6戦、当初は9月初旬に開催を予定していたものの、「緊急事態宣言の延長及び追加、まん延防止等重点処置の追加」を受け、開催地域への配慮から延期に。約ひと月遅れての開催となった。

 だが緊急非常事態宣言も解除となったとはいえ、秋の行楽シーズンと重なったこともあり、この御嶽山周辺への観光客も多いことから、これに配慮する形で開催することに。2日に日程を分け、1日あたりの参加者の数を減らし、開催時間を一般的な生活時間帯のなかに収めるなどの配慮がなされた。

行楽シーズンとかち合ったイベントに主催者の配慮画像はこちら 今回の舞台となるのは、長野県木曽郡木曽町にある町道寒原倉越線(倉越パノラマライン)。これまでも使用してきたコースではあるが、コース設定の区間は変更され、前半に7曲がりと呼ばれるつづら折りの急こう配を駆けあがる峠道、後半は高原の高速セクションとなっている。一部2019年の台風21号被害による路肩の崩落などの復旧工事がまだ終了していない箇所もあるが、この約4kmのコースでタイムを競うこととなった。

ヒルクライム日和画像はこちら

百花繚乱ヒルクライムマシン集結

 このシリーズでは、1本の下見走行(レッキ)のあと、設定されたコースを1台ずつタイムアタックして、2本の走行での合算のベストタイムで勝者を決めるという競技規則。

【関連記事】「ドリフト禁止」のサーキットはなぜ増えた? 「騒音」だけじゃない一部のモラルの低さが原因でした

Dクラス篠原高広選手のAE86画像はこちら 競技車両は細かくクラス分けがなされており、初年度登録が昭和63年以前の旧車は「D(ヒストリック)クラス」および「DL(レジェンド)クラス」。軽自動車は「Kクラス」。そして普通車は、排気量(過給装置係数1.7倍、ロータリー係数1.5倍)で「A(排気量1500cc以下)」、「B(排気量2800cc以下)」、「C(排気量2801cc以上)」の3つのクラスに分けられ、それぞれに自己申告による「ノービス」と「オープン(Sタイヤ使用可)」という2種類のクラス分けがなされ、合わせて6クラスが設定される。そしてシリーズエントリースペシャリストによる最高峰クラスとなる「X-tremeクラス」を加えた、全10クラスとなる。

DLクラス志賀良彦選手のロータスエラン画像はこちら 毎回中部地方を中心に各地からバラエティに富んだマシンが集結しているが、今回10月2日は、ノービス各クラスとD&DLクラスの5クラス計51台。10月3日は、オープン各クラスとKクラスの全5クラス計38台、デモラン車を含めると90台がエントリーした。

 なかにはイベントが2日間に変更されたことで、車両をシェアして2日にわたって参戦するものがいたり、クラス変更や車両変更で2日連続で参戦するツワモノも現れた。一方、今回もこのシリーズ初参戦となるルーキーが8名も参加。さらには観戦に訪れたギャラリーもおり、それらに向けたブリーフィングを行い、しっかりと安全対策を施したうえで開催となった。

#10 K's WSR Celam レンタルエッセ画像はこちら 前週から日本に近づいていた台風16号も去り、この2日間は好天に恵まれた。残念ながらまだ紅葉には早いが、この日の御岳はまだ冠雪もなく、途中でドライバーからも御嶽山が見える場所もあって、爽快なヒルクライム日和となった。さすがに朝晩は冷え込むものの、まだ夏のような厳しい陽射しも残っており、参戦するほうも観戦するほうも、適度な環境の下で久しぶりのヒルクライムイベントを楽しんでいた。

カプチーノ画像はこちら