「あえてスバル車の隣に駐車」「悩んだら青を選ぶ」!「スバリスト」のあるあるエピソード6選 (2/2ページ)

noteで書く

【エピソード04/ロッカーや座席番号などが選べる場合61や555を選びがち】

 下駄箱のある飲食店やスーパー銭湯のロッカーなど、数字が割り振られている場所では、スーパーGT BRZ GT300のゼッケン番号「61」や、WRC参戦時代にインプレッサWRXのメインスポンサーとなっていたBAT社のタバコ銘柄「555」をあえて選ぶ人が多い。

【関連記事】限定コンプリートカーをイジるなんてもったいない!? 究極のメーカー謹製チューニングカーの論争に決着

Subaru BRZ GT300画像はこちら 周囲のロッカーなどがすべて空いているにもかかわらず、「61」だけ使用中の状況を見ると、店内に同志が! と勝手に思い込む(笑)。ほかにも4桁の番号が選べる状況であれば、スバルのお客様相談センターの電話番号下4桁「2215(ふじじゅうこう)」をチョイスするマニア度の高いスバリストもいる。

インプレッサWRXグループAラリーカー画像はこちら

【エピソード05/燃費を気にしてないわりには燃費の話題で盛り上がる】

 現行モデルでは2Lクラスのターボモデル、しかもAWD車でリッター10km代後半の燃費が余裕で達成できるスバル車だが、過去のモデルでは街乗り燃費1桁代のモデルがザラであった。その高い動力性能や走行性能に魅せられたユーザーは「燃費なんか気にしてない!」という人が多かった。だが、意外にも燃費の話題となると、「カタログ燃費よりもいい数値が出た!」「アイサイト使ったら高速でいい数値が出た!」など、盛り上がることが多い。給油するレヴォーグ画像はこちら 昨今のストロングハイブリッド車などとは比較にならないものの、2LフルタイムAWDターボで300psを発揮する筆者のVMG型レヴォーグでも、高速道路でエコランせずに16.7km/Lをマークした際に、周囲のオーナーからは「レヴォーグ、エコカーだな!」と盛り上がったことも……。MFD燃費表示画像はこちら

【エピソード06/SUBARUやSTIのグッズ類に目がない】

 SUBARUやSTIのロゴが入ったウェアはもちろん、グッズやアクセサリー類を購入するファンが多い。それぞれのアイテムに入るロゴに惹かれることもあるが、SUBARUブランドやSTIブランドの正規品は、素材や機能にこだわっているものが多く、クルマづくりと同じく使いやすさやクオリティが高く、一度購入するとその良さにハマってしまう。STIベア画像はこちら

スバリストの呼称はじつは先人の名言によって提唱された

 スバル車オーナーでも、この6つのエピソードにまったく当てはまらない人もいると思うが、長きに渡りスバルファンでいる人になれば、該当する項目がいくつかあるのではないだろうか? ひと昔前であれば、街を走るスバル車は少なく、車種を問わず仲間意識のようなものがあり、積極的に道を譲ったりすることも多かった。

 また、スバルの法則と呼ばれる駐車場であえて隣に止める行為も、きっとスバルに乗っている人ならクルマを大切にするはず! という想いから、ドアパンチなどをされないよう隣に止めているといった理由があった。駐車場で並ぶスバル車画像はこちら スバリストという言葉に定義はないが、その発端は東京農業大学名誉教授の後閑暢夫さんが「スバルは紳士の乗り物」という寄稿でこの呼称を提唱したことが始まり。スバル乗りはクルマに対する高い見識をもち、紳士的なドライバーが多いという考えから、「スバルのハンドルを握るとき、つねにこのクルマをして道路のエリートとして他車に対して誇らかに際立たせたい」という想いから生まれた言葉だといわれている。エクシーガオフ2017画像はこちら 個人的には、ネット上などでスバル車オーナーでありながら「私はスバリストではない!」という言葉を見るたび、ちょっと寂しい気持ちになる。せっかく「紳士の乗り物」をチョイスした高い見識がある人なのだから、スバル車オーナーなら、もっとスバルを愛し、誇らしくあってほしいと思う。

 最近ではスバル車の各モデルはそれぞれ人気が高く、オフ会やミーティングなどは車種別に行われるようになっているが、個人的には同じメーカーという「スバルのつながり」も大切にしてほしいと感じる。

noteで書く

画像ギャラリー