ほぼ未走行の「フェラーリF50」を救出せよ! コーンズ入魂の「レストア」で奇跡の復活 (2/2ページ)

致命的なダメージはなかったが一部にサビが発生

 レストア内容としてはエンジンや足まわり、クラッチなどほぼすべての箇所をオーバーホールし、油脂類やゴム類を交換したそうです。

【関連記事】「カウンタック」が過疎化を食い止める!? 子どもたちにクルマ文化をアピールする埼玉県・皆野町の試みとは

レストア中のフェラーリF50画像はこちら 保管状況が良かったためか、致命的なダメージなどはなかったそうですが、足まわりには錆びがあったそうです。外装は状態が良かったためエンブレム類の張り替えと磨き程度で、オールペイントなどの大掛かりな作業はしていないとのこと(なんと跳ね馬のエンブレムも車種専用品!)。フェラーリF50のエンブレム画像はこちら それ以上に苦労したのがパーツの手配で、すでに新品が購入できないものもあったとのこと。しかし、長年フェラーリを取り扱っているコーンズは本国からのパーツ供給を中心に、長年の自社ネットワークを駆使して必要なパーツを集めたそうです。レストア中のフェラーリF50画像はこちら また、F50のサービスマニュアルが新車当時から保管されており、それを基に作業を進めたとのこと。このように充実したネットワークや資料はコーンズの強みであり、今回のレストアはクラシケを取得できるコーンズだからこそ実現できたと言えるでしょう。レストア中のフェラーリF50(インテリア)画像はこちら

ほぼ新車状態まで復活

 こうした苦労の末、約8カ月に及ぶレストアは終了。レストアを終えた感想をそれぞれのメカニックに聞いてみました。フェラーリF50をレストアしたメカニック画像はこちら

「まずは大西さんの作業を近くで見ることができたのが何より勉強になりましたね。単純にボルトを一本締めるだけでも、単に規定トルクに締めるのではなく、自身の手で感触を探りながら締めていく……。そういった古いクルマに必要な整備の心構えというのを肌で感じることができました(中村さん)」

「色々ありましたが、一番は最近機会がなくなってしまったエンジンをオーバーホールする経験をしてもらえたことがよかったと思います。とくにF50は12気筒の5バルブなので、エンジンの部品点数も多いです。そのようなエンジンをオーバーホールする機会で、中村君に教えることができたのは思い出深いですね(大西さん)」

 完成したF50を実際に見せてもらうと外装も内装も、まさに新車そのもののような雰囲気で驚かされます。レストア後チェック走行が行われたため若干距離が伸びていますが、それでもオドメーターが指している距離はわずか160km。これ以上状態のいいF50は世界中探しても見つからないでしょう。レストアしたフェラーリF50の内装画像はこちら そしてよく見ると、塗面にわずかな凸凹があるのがわかります。カーボンをふんだんに使ったF50は、塗面にカーボン目の凸凹が浮き出るようになっていて、再塗装してしまうとこの凸凹を表現するのは非常に難しい。保管状況がよかったからこそと言えるポイントです。フェラーリF50のボディ表面画像はこちら 今後このF50はコーンズのイベントでの展示や走行が予定されているとのこと。蘇ったF50がこれからどんな走りをするのか? ぜひとも実際にこの目で確かめてみたいものです。