雨の富士に泣く! アラフォー「リケジョ」があえてスプリントレースの世界に戻った理由とは? (1/2ページ)

雨の富士に泣く! アラフォー「リケジョ」があえてスプリントレースの世界に戻った理由とは?

この記事をまとめると

  • 女性だけで争われる「KYOJO CUP」
  • リケジョの小松寛子さんはあえてKYOJO CUPに参戦
  • 飲み込みの早い小松さんの目標は「来年は勝ちますよ!」

そもそもKYOJYOとは何か?

 と、その前にKYOJOについて少しレクチャーさせていただく。使用車両は三重県にあるウエストレーシングカーズが開発・製造する「VITA-01」。見ての通りレース専用に特化したマシンだが、パワートレインはFF車のヴィッツのコンポーネントを前後逆に搭載。つまりエンジンはドライバーの背後にあり、後輪を駆動する“ミッドシップ”レイアウトを採用しているシングルシーターだ。VITAのコクピット

 イコールコンディションを徹底し、腕だけで勝負するために、ABSやトラクションコントロールなどの電子デバイスは排除。トランスミッションは5速マニュアルを右手でシフトする。タイヤは晴雨兼用のダンロップ製ラジアルのワンメイクで、もちろん1レースに1セットしか使えない。VITAのタイヤ

 このレースの生みの親は、ル・マン24時間にて日本人として初優勝を飾ったレジェンドの関谷正徳さん。モータースポーツの世界に、女性たちがプロを目指せる道を作りたいという発想から2017年に初開催。現在は年4戦のシリーズに発展し、昨年からオリンピック開催中のブランクを埋めるために鈴鹿サーキットでも1戦が開催されるようになっている。VITAのエンジンはヴィッツに搭載されていたもの

 今回のKYOJO参加者は15名。将来はスーパーGTやル・マンへの出場を目指す20代の若手がゾロゾロいるのは当然として、すでに社会人として活躍しているキャリアウーマンも複数いて、世代を超えたガチバトルが本戦も展開された。

 前者の代表は開幕2連勝中の辻本始温だろう。カート出身の現役女子大生だが、KYOJOにも昨年から参戦して今季は絶好調だ。もちろん昨年デビューウインを飾った猪爪杏奈、前年ランキング2位でスーパー耐久(S耐)優勝経験もある翁長実希、スーパーFJやTCRジャパンにも参戦中の下野璃央など、気鋭の若手たちがひしめき合っている。

個性派揃いの女子とともに走る「リケジョ」小松寛子とは

 一方のキャリア組も多士済々だ。プログラムにKYOJO最年長と紹介されているおぎねぇは、サーキットでの実況も務めるフリーアナウンサー。モータージャーナリストのフジトモこと藤島知子はご存知の通りで、過去には3位表彰台を獲得した関西の某ショップオーナーもいる。小松も流行りの言葉で言えば“リケジョ” ……理工系の大学を卒業後、カーナビやオーディオで有名な会社を経て、某大手メーカーに勤務するエンジニアだ。リケジョの小松寛子さん

 公式プログラムでは「スーパー耐久シリーズなどでも活躍した小松寛子もKYOJO CUP初参戦。もてぎチャンピオンカップでVITAレースは経験済みで、こちらの走りにも期待したい」と紹介されていた。その通りで、小松は2017年から2020年までの4年間、国内主要サーキットを転戦するS耐にフル参戦。とくに昨年はST-5クラスに初参戦した72号車ロードスターのAドライバーを務め、第5戦のオートポリスで見事2位に入賞している「S耐で表彰台を経験したドライバー」なのだ。

 そんな小松のレースキャリアを駆け足で振り返ると、初レースは2004年のロードスター・パーティレース最終戦。3名で走った60分耐久で見事に2位表彰台を獲得している。その後、2代目NBから3代目NC、現行のNDと歴代のロードスターでパーティレイースに参戦し、NCでは多くの優勝も経験。誰もが認める最強の女性パーティレーサーのひとりだ。また2015年にマツダWIMS(ウィメンinモータースポーツ)1期生に合格し、LOVEDRIVEレーシングの一員として2019年まで活動。S耐にもこのチームからデビューしている。LOVEDRIVEのメンバーと小松寛子さん

女性だけのモータースポーツ「KYOJO CUP」。同シリーズ第3選富士スピードウェイでリケジョの小松寛子さんが参戦した。S耐も参戦経験がある彼女がなぜスプリントレースに挑戦するのか? その胸中とは?