クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 元F1ドライバー達でも大人げないバトルを展開! レース界の「生きる伝説」が夢の競演
SPORT
share:

元F1ドライバー達でも大人げないバトルを展開! レース界の「生きる伝説」が夢の競演

投稿日:

TEXT: 原田 了 PHOTO: Legend Racing Drivers Club/原田 了

レース界のレジェンドによる夢のレース開催!

 残暑も少しずつ緩んできた9月最後の週末、富士スピードウェイではレース界のレジェンドによる“夢のレース”が開催されました。インタープロトシリーズ POWERED BY KeePer 第3大会に併催されたAIM Legend’s Club Cup 2021が、その夢のレース。レース好きなら、名前を聞いただけで唸ってしまうようなレジェンドたちが、ウエットで肌寒いコンディションを跳ね飛ばすようなレースを繰り広げることになりました。

第1回日本GP勝者から、F1GPに昇りつめたドライバーまで

 いきなりですが、多賀弘明 、寺田陽次郎、 藤井修二、片山右京、柳田春人、岡本安弘、黒澤元治、見崎清志、桑島正美、片桐昌夫、 関谷正徳、佐々木秀六、中谷明彦、福山英朗、戸谷千代三、長谷見昌弘、長坂尚樹というお歴々をご存じでしょうか。

 全員知っているという読者は相当のレース通です。この17名が今回のAIM Legend’s Club Cup 2021に参戦したドライバーの皆さんです。

 最年長は御歳87歳(1934年3月生まれ)の多賀弘明さんで、もっとも若年の片山右京さんでも58歳(1963年5月生まれ)。国内トップカテゴリーのSUPER GT(GT500クラス)でもっともベテランとされている立川祐路選手が46歳(1975年7月生まれ)ですから、片山さんとはひと回り、多賀さんとはじつに3回り半も歳の差があることになります。大久保 力さんを前列中央にレジェンドドライバー集結

 もちろん、レジェンドがレジェンドたる所以はそのキャリア。F1GPまで上り詰めた片山さんのことは、活動時期が比較的最近だったこともあって、多くの読者がご存じでしょう。1992年から1997年にかけてF1GPでの通算出走回数95回は、日本人最多記録として現在も破られていません。

 一方、最年長の多賀さんは1963年に鈴鹿サーキットで開催された第1回日本グランプリのツーリングカー(CⅣ)レースで優勝。それもデビューレースウィンを飾っています。最年長87歳の多賀弘明さん そんなレジェンドのみが参加を認められるクラブが、レジェンドレーシングドライバーズクラブ(Legend Racing Drivers Club)。プロ野球でいうところの“名球会”に相当するもので、入会資格は国内トップカテゴリーのSUPER GTやスーパーフォーミュラから引退していることが前提で、1973年以前の主要ワークスドライバーおよび海外のレースに参戦し入賞した者。あるいは国内トップフォーミュラや富士GCシリーズなど国内トップカテゴリーの歴代チャンピオン、となっています。

 2輪のレーシングライダーとしても魁のひとりで、1963年の第1回日本グランプリではスバル450を駆り、ツーリングカーレースでクラス優勝したキャリアを持つ大久保力さんが会長を務めています。2013年4月に発足した当時は、ゴールドスタードライバーズクラブ(Gold Star Drivers Club of Japan)を名乗っていましたが、2017年に現在の名称に変更されました。

レジェンドによる夢のレースは今回で3回目

 AIM Legend’s Club Cupは2018年11月に第1回大会が開催され、翌19年の10月には第2回大会が実施されており、今回は第3回大会となります。使用するマシンは富士チャンピオンレース(FCR)のVITAレースや、KYOJO(競争女子)Cupでも使用しているウエストレーシングカーズ製のネオ・ヒストリックレーサー、ヴィッツ用の1.5Lエンジンをミッドシップに搭載したウエストVITAのワンメイク。タイヤも同様にダンロップ製のワンメイクとなっています。今回初参戦のひとり藤井修二さん 今回参加した17名のレジェンドのうち、藤井修二さんと片山さん、佐々木秀六さんの3人は今回が初参加。おもに耐久レースで活躍した藤井さんは70歳(1951年3月生まれ)、1980年にF3チャンピオンに輝いた佐々木さんは74歳(1947年3月生まれ)ですが、新しいチャレンジを始めるのは若い証拠かもしれません。

 とは言っても悲しいことに年齢と適応性、つまり初ドライブでのラップタイムは反比例するようで、土曜日に行われた予選では最年少の片山さんがトップタイム。70歳の藤井さんは9番手、74歳の佐々木さんは13番手に留まってしまいました。予選トップタイムの片山右京さん ほかのレジェンドも、概して言うなら予選は上位から若い順に名前が並んでいましたが、注目すべきは75歳(1946年1月生まれ)の見崎清志さんが片山さんに続いて2番手につけていたことです。ただし、見崎さんは現役。じつは5年前からFCRのVITAレースに参戦していて、今回も土曜日に予選決勝が行われたシリーズ第3戦にもダブルエントリー。若いライバルたちに交じって奮闘し、そちらでは予選14位/決勝18位の成績を残しています。予選2番手の見崎清志さん「悔しいですよね。体力的にも衰えを抑えるためにトレーニングは続けていますが、目が。動体視力が衰えてくると、なかなか速く走ることはできません」とは苦戦の弁。それでもAIM Legend’s Club Cupの予選2番手には満足(納得?)の様子でした。予選2番手の見崎清志さんは75歳

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS