ラリー・モンテカルロ・ヒストリックに挑む日本の学生チーム「自動車を通して学べるものとは」 (1/2ページ)

ラリー・モンテカルロ・ヒストリックに挑む日本の学生チーム「自動車を通して学べるものとは」

レジェンドの篠塚建次郎さんも参戦

 フランスの「ラリー・モンテカルロ・ヒストリック2020(1月29日〜2月5日)」に、日本の学生たちによるチーム『Team浪漫/TeamROMAN(チーム浪漫)』が5台の国産旧車ラリーカーを投入し挑戦するという。参戦車両をエントリーゼッケン順に追うと、♯23号車が日産・チェリー(1973年製)、以下♯27からはトヨタ車が続きカローラ(1972年製)、♯86カローラ(1973年製)、♯87スプリンター(1973年製)、♯89はホンダのシビックRS(1975年製)となっている。

 また、チームのドライバーには篠塚建次郎さん、松波登さんなどの名前もある。これは凄い。学生たちと往年の日本のレジェンドラリー・ドライバーの共演において、何が進められているのだろう。

 

伝統イベントの交流はゼロからのスタート

 今回で10年目となるこの海外ラリー参戦は、東京大学の「自動車の設計教育寄付講座」の中のひとつである「海外ヒストリックラリー参戦プロジェクト」として行われているものだ。

 例年、ラリー参戦を運営するチームを立ち上げるために、学期はじめの4月から学生たちのメンバー招集が始まり、翌年に本番イベント参戦と報告書ムックを実施して終了するというのが通例。参戦には、奇しくも伝統のモンテカルロラリーが時期的にマッチしてもいた。

ラリー・モンテカルロ・ヒストリックに挑戦する日本の学生たちのプロジェクト

 東京大学の学生により始められたこの活動は、6年目よりホンダテクニカルカレッジ関東(ホンダが運営する自動車専門大学校)との共同プロジェクトに広がりさらに発展。ヨーロッパの参戦現場でもスペインの大学をはじめ、拠点として関わりがあった各地に、ラリーというイベントを通して生まれる様々な事象を教育のひとつとして活用している素晴らしさは、波紋を投げかけている。

 チームが参戦するラリー・モンテカルロ・ヒストリックは、世界有数の歴史あるモータースポーツイベント、フランスの公道を舞台に繰り広げられてきたモンテカルロ・ラリーにゆかりがあるイベントだ。例年、世界ラリー選手権(WRC)の開幕戦として開催されており、2020年も1月下旬に88回目の大会が開催される。

 WRCといえば、世界の自動車メーカーが自社ブランドをアピールすべく、よりコンパクトに凝縮されてきた走行日程ルートや競技ステージで、激しいスピードをエキサイティングに争いあう世界最高峰のラリーだ。

 一方、今回のラリー・モンテカルロ・ヒストリックは、主催者が同じモナコ自動車クラブであるとはいえ、主に旧車が参戦するラリーだ。参加車両は歴史的にモンテカルロに馴染みのあったクルマで、1911年から1980年までに生産され、なおかつオーナーに維持されてきたクルマを競技車に仕立てたもので、今年は第23回大会となる。

ラリー・モンテカルロ・ヒストリックに挑戦する日本の学生たちのプロジェクト

 参加車両は307台。競技形態は通行が閉鎖され競技車に独占されるスペシャルステージでの速さを競うものではなく、一般車も通る競技ステージ区間において決められた時間内のアベレージ走行を競う。

 競技車はヨーロッパ各地からスタート。プロバンス地方のビュイ・レ・バロニに集い始められる競技を経て、ラリー本番の渦中となる都市、フランス東部のバランスの車両保管パルクフェルメまで延々と走る。モナコ、バルセロナ、ミラノ、ランス、バート・ホンブルグからは900km以上。遠くはスコットランドのグラスゴーやギリシャのアテネなどから2000kmもの移動を時間内にすませて集う「コンセントレーションラン」というモンテカルロラリー特有の、往年の壮大なルート形態を踏襲してもいる。まさにモンテカルロ・ラリーの伝統を継承してゆくイベントだ。

 日本の学生による「Team浪漫」は、1月31日にモナコからスタート。5台のラリーカーは昨年11月下旬に川崎をフェリーで出航、そろそろスペインのバルセロナに到着する予定だ。その後フランスのポールリカール・サーキットで試験走行をこなし、本戦に向けた準備が進められていく。

 


画像ギャラリー