2020年WRCジャパン開催!世界のラリーカーが愛知・岐阜の公道を走行した

2020年WRCジャパン開催!世界のラリーカーが愛知・岐阜の公道を走行した

来年WRC日本をイメージしたプレイベント

「セントラルラリー愛知・岐阜2019」が11月7~10日の4日間、愛知県および岐阜県で開催。このラリーは、2020年WRC日本開催決定を受けて、FIA世界ラリー選手権(WRC)日本ラウンド招致準備委員会が、そのプレイベントとして開催したもの。FIA公認の国際格式のラリーとJAFの国内格式のラリーを同時に行われた。

【関連記事】「美人レーサー」がトップタイム連発! 老舗GT-Rチューナー「マインズ」が本気を出した「マーチ&ノート サーキットトライアル」

セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了 このラリーでなんといっても注目なのは、競技車両の中で真っ先にコースを走る、ヤリスWRC(ドライバーは勝田貴元選手)、さらにシトロエン C3 R5(新井大輝選手)、シュコダ・ファビアR5(福永修選手)などの国際格式部門。国内で見ることのできないマシンをひと目見ようと、多くのラリーファンが会場を訪れた。また国内部門では、全日本ラリー参戦車両が数多く参戦。さらにはクラシックカーのラリーも行われ、実に様々なラリーカーが秋深まる中部地方の一般道を快走した。セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了画像はこちら

 参加選手は、今シーズンの全日本ラリー・チャンピオンの新井敏弘選手を筆頭に、全日本のトップドライバーが居並ぶ。セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了画像はこちら

 奴田原文雄選手はドライバーとしてではなく、タレント・哀川翔選手のコ・ドライバーとして参戦している。またゲストとして、トミ・マキネンやペター・ソルベルグといった往年の名ラリードライバーも集結した。セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了 愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園(通称:モリコロパーク)にサービスパークが置かれ、8日夕方にはセレモニアルスタートも行われた。このセントラルラリーにおけるSS(スペシャルステージ)、9日にLEG1、10日はLEG2が行われた。予定されていたSSの総距離は136.68kmだったものの、時間の都合もあって、9日のSS5 Nukata2のキャンセル、SS14のShitara2は国内部門のみキャンセルとなったが、それ以外は好天にも恵まれ、大きな事故もなく無事に終了。国際格式部門では1号車のヤリスWRC(勝田貴元/Daniel BARRITT)、そして国内格式では17号車スバル WRX-STI(鎌田卓麻/鈴木裕)が優勝した。

 このセントラルラリーは、2020年に開催されるラリージャパンのテストイベントと位置づけで開催となっていた。大会組織委員会 高橋浩司氏に今回のセントラルラリーについて訊いてみた。

セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了

「去年の段階では、今年(2019年)のこの時期にラリージャパンを開催する予定で準備を進めていました。しかし、残念ながらWRCのカレンダーに入れてもらえなかった。(2020年にWRC日本を開催)そういう流れもあって、時間的には1年間という猶予ができました。当初予定していた時期にテストイベントを開催した理由は、運営からPRまで含めて、いろんなトライができ、本番に向けて理解が進むと考えたからです」と言う。

セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了「今回のセントラルラリーのコース設定は、2020年のプランをベースにコンパクトにしたもの。基本的には2020年に使うコースを前提に組んでいますが、来年は距離がもっと伸びるかもしれませんし、今年のコースとは異なるところが2020年には入るかもしれません」と高橋氏。セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了画像はこちら

「岡崎市の中央総合公園での開催は、岡崎市が主催している『くるまつり』というイベントがあるのですが、今年は時期をずらしていただき、セントラルラリーに合わせて開催してもらいました。実はこの週末は、岡崎市出身の中嶋悟さん、そして中嶋一貴選手、中嶋大祐選手が来られないタイミングなんですが…。例年無料でやっているイベントなので、岡崎中央総合公園でのスペシャルステージも無料の観戦ポイントとなりました。我々としては『くるまつり』にお邪魔しにいくというスタンスですね。来年については、その検討材料ということも含めてのイベントなので、今年うまく行けば来年も積極的に検討するでしょうし、課題が残るようでしたら再検討になるかもしれません」。セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了画像はこちら

「運営の慣れていないところで、情報を出すのが非常に遅くなったことでエントラントの皆様にはご迷惑をおかけしてしまいました。が、ラリー業界を盛り上げていきたいという思いは一緒ですので、国内外の主だった顔ぶれ、そしてR5車両もそろって、全日本ラリーでは見られないものになったことは非常にありがたいと思っています。来年の本番を少しでも感じられる要素が作れたかなとは思っています」と高橋氏は、今回のイベントを振り返る。セントラルラリー愛知・岐阜2019無事に終了画像はこちら

 2020年WRC世界ラリー選手権第14戦「Rally Japan」は2020年11月19~22日に開催される。

画像ギャラリー