「TGR 86/BRZレース」で注目を受ける「ネクセンタイヤ」のレーシング性能 (1/2ページ)

「TGR 86/BRZレース」で注目を受ける「ネクセンタイヤ」のレーシング性能

この記事をまとめると

  • TGR 86/BRZレースに参戦中のNEXEN RACING TEAM
  • 同チームはスーパーFJ出身の岡本選手と共に奮闘中
  • メキメキと頭角を表すN FERA Sports Rの強みとは?

TGR 86/BRZレースで注目を受ける「ネクセンタイヤ」本当の実力

 数あるワンメイクレースの中でも最激戦区として知られる、TGR 86/BRZレース。それもプロフェッショナルシリーズにおいて、最近にわかにネクセンタイヤが注目されるようになっている。TGR 86/BRZレース画像はこちら その理由は至極簡単だ。ひとりN FERA Sport R(エヌフィラ スポーツ アール)を装着して臨む、岡本大地選手の活躍による。予選ではつねにポールシッターから1秒と遅れず、その上、第2戦・富士では5位入賞を果たしているからだ。もちろんペナルティが相次ぐ波乱の展開だったとはいえ、従来では考えられなかった成績にパドックは騒然。「あいつ誰だ?」に始まり、「そんなにいいのか?」と。NEXEN RACING TEAMの86画像はこちら その上、第4大会・SUGOからは新スペックが投入され、より話題を集めることに。どのチームか明かしてはくれなかったものの、すでにテストしたチームもあるという。そこでネクセンタイヤのN FERA Sport Rがどうスペックをあらため、そしてどういう成果を残しているか、報告させていただこう。

スーパーFJ最強のドライバーと開発

 その前に、岡本選手の紹介を。TGR86/BRZ Raceにおいては、はっきり言って無名の存在である。だが、エントリーフォーミュラである「スーパーFJ」では現在、最強のドライバーであり、台数もレベルもダントツの鈴鹿シリーズ、そして全国転戦の「スーパーFJジャパン・チャレンジ」で、それぞれ2連覇を飾っている。岡本大地選手画像はこちら まぁ、TGR86/BRZ Raceのプロシリーズとは、そもそものレベルが違うという指摘は否定しまい。だが、カートレースを幼少のころからやっていたわけではなく、ハコのレース経験もTGR86/BRZ Raceだけながら、ここまで戦えていることは、ひとつの評価対象とはなるだろう。

 まずシリーズ序盤戦の躍進だが、岡本選手を擁するNEXEN RACING TEAMの金光浩監督は、こう語る。NEXEN RACING TEAMのキム監督と岡本選手画像はこちら「去年はコロナの影響でクルマとタイヤの合わせ込みが……。私たちは韓国のタイヤメーカーなので、エンジニアが入国できず、テストを一回もできなかったんです。そんななかで今年になって、ある程度コロナも落ち着いてきて、いまだにエンジニアは入国できないんですけど、研究所とオンラインで話し合って、このタイヤに対する内圧とセッティングを何回かテストして、ようやく合わせ込める最適な内圧を見つけました」

「僕はネクセンさんと初めて86レースを始めたので、最初のうち適切な内圧がわからなかったし、クルマのスイートスポットを掌握していなかったというのが正直なところなんですけど、タイヤが安定してきたから、僕のドライビングも試せる幅が広がったし、セッティングも試せるところが広がって。とにかく、やれることが増えたから、ほかのドライバーに追いついて、差が縮まったというのを感じました」と語るのは岡本選手だ。

「ドライバーの進化も感じますよ。大地は初めてのハコのレースで初のネクセンタイヤなんですが、初年度より安定して、レースの中でもチャンスがあるときは、ちゃんとつかんでくれるので、すごく安心感もあります。足引っ張っているようなことは全然なくて(笑)、ほかのドライバーに履いてもらっても、彼のほうが速いですからね」とキム監督は補足した。

画像ギャラリー