200台以上が大集合! アルトだらけのオフ会「アルト・ワークスミーティング in 京都 2021」開催 (1/2ページ)

200台以上が大集合! アルトだらけのオフ会「アルト・ワークスミーティング in 京都 2021」開催

「みんカラ」発のオフ会イベント

 スズキ・アルトのミーティングに参加したいと思っていたのに、待てど暮らせど、どこでも開催されない……。そんな思いで1ユーザーがスタートさせた「みんカラ」発のオフ会イベント「アルト・ワークスミーティング in 京都 2021」が、今年も10月17日、京都の嵐山高雄パークウェイで開催された。

初代デビューから42年目を迎えるアルト

 アルトといえば、軽自動車を代表するモデルだ。その歴史は長く初代が登場したのは1979年。スズキの主力車種としての座を長く支えてきたモデルで、スズキ初の国内累計販売台数500万台超の記録も持っている。派生車種もあり、この会場にはアルト以外にも、スズキ系車両や他社バッヂの兄弟車も集まった。

【関連記事】日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

アルト・ワークスミーティング in 京都 2021の模様画像はこちら このアルトミーティング、もともとは10月の体育の日の開催していたが、昨年に引き続いて今年も日程を変更しての開催となった。天気予報的には怪しく、会場となった菖蒲谷池台駐車場は残念ながら前夜の雨により泥が出てしまい、足元が悪い状態だったものの、無事に開催することができた。カウントはされていないが、200台以上は集まった様子。

 今回は2代目から現行8代目のHA36型までのアルトが集結。集まった車両もオリジナル状態から、最新モデルの多様なカスタムまで、じつにさまざまであった。

アルト・ワークスミーティング in 京都 2021の模様画像はこちら このオフ会は、以前なら「寸止め選手権」といったイベントも開催していたが、コロナ禍ということもあり、今回は前回同様「アルト、アルトワークスをただ並べるだけ」のイベントとなった。しかし、協賛各社からの商品提供もあってチャリティオークションやじゃんけん大会は開催された。

アルト・ワークスミーティング in 京都 2021画像はこちら ちなみに主催者が会場を周って集めた募金(4万9214円)と、チャリティーオークション(7万5314円)ので集められた 合計12万4528円は全額交通遺児育英会へ寄付された。