世界に1台しか存在しない「先行試作カラー」の「R32」とは? 都市伝説級の激レア「スカイラインGT-R」 (1/2ページ)

世界に1台しか存在しない「先行試作カラー」の「R32」とは? 都市伝説級の激レア「スカイラインGT-R」

緑と赤を纏った超レアなGT-Rが現存している!

 総生産台数4万3934台。全世代のGT-Rのなかで群を抜いて多く作られたのがBNR32だ。そのなかの500台であるR32 GT-R NISMOも希少だが、たった1台しか存在しないボディカラーがある。そして都市伝説とまで言われた7台のクルマ。ここではR32GT-Rにまつわるレアなモデルを紹介していきたい。

初出:GT-Rマガジン161号

開発者だから手に入れられた先行試作カラー!

 総生産台数や生産期間が長かったにも関わらず、BNR32にはニスモ以外の限定車が存在しない。VスペックもVスペックIIも1000台を超えており、強いてあげればN1ベース仕様車は228台だ。とはいえ「レアモノ」がないワケではない。

 まず、有名なところでは開発陣のひとりである渡邉衡三氏のBNR32だ。平成元(1989)年式の標準車。至って普通に聞こえるが、注目すべきはボディカラーである。写真ではほぼ黒に見えるのだが、実際は深緑。

【関連記事】陸上自衛隊向けに開発! 和製ハマーと呼ばれたトヨタ「メガクルーザー」とは

R32GT-Rの希少なレア車をおさらいする画像はこちら

 C33ローレルの純正色「ダークグリーンメタリック(DH0)」なのである。途中で全塗装したワケではない。マイナーチェンジの先行試作として塗装されたもの。結局この色はGT-Rで採用されることはなく、世界で1台の存在になった。ちなみにR32スカイラインの基準車には、後期型からダークグリーンメタリックが設定されている。

R32GT-Rの希少なレア車をおさらいする画像はこちら

日産には存在しない完全オリジナルの赤!

 同じように色に関して言えば、都市伝説にもなっている「赤いGT-R」がある。通常設定されているレッドパールメタリックではなく、ソリッドな赤。発売当時、一部の関係者のために特別に塗装されたもので、色番号「301」は日産の設定では見当らない。噂では7台が存在するという。

R32GT-Rの希少なレア車をおさらいする画像はこちら

 こちらもあとから全塗装したものと勘違いされそうだが、コーションプレートにはしっかりとカラーとして「301」と刻まれている。かつてGT-Rマガジン誌の別冊で取材させていただいたオーナーは、たまたまオークションで見掛けて速攻で手に入れたとのこと。この存在を知らなければ、ただのオールペン仕様としか思えない。何でもこの赤はポルシェ911のレッドに近付けるよう調合されたとのことだ。もし街なかで真っ赤なRに出会ったら、ぜひコーションプレートを見せてもらうといいだろう。もしかしたら貴重な「301」に出会えるかもしれない。正確な総台数はハッキリしないのだが、そのなかの1台はGT-Rではなく、GTSだと言われている。

R32GT-Rの希少なレア車をおさらいする画像はこちら