32台限定の「BNR32 S&Sリミテッドバージョン」! オーナーが語る「幻のGT-R」との蜜月 (1/3ページ)

32台限定の「BNR32 S&Sリミテッドバージョン」! オーナーが語る「幻のGT-R」との蜜月

希少なR32GT-Rを手に入れたオーナーとその半生

 今なお国産ヒストリックカーの「エース」と言える日産スカイラインGT-Rシリーズ。中でも根強い人気を誇るのがBNR32だ。今回紹介するのは「スカイライン育ての親」である櫻井眞一郎氏率いる「S&Sリミテッド」が同車の中古車をベースにチューニングを施し、台数限定でリリースした「BNR32 S&Sリミテッドバージョン」だ。今回、幸運にもその希少な1台を手に入れた幸運なオーナーと愛車の半生についてお話を伺った。

初出:GT-R OWNERS FILE 3(2013年刊、GT-R Magazine別冊)

 

生産終了後も人気が衰えなかったR32スカイラインGT-R

 発売されるや爆発的な人気車となり、絶版となってからも熱狂的なマニアが後を絶たない名車、それが日産R32スカイラインGT-Rだ。ご存じのように、RB26DETT型直列6気筒DOHCツインターボを積むBNR32は、1989年に登場した。スカイライン基準車の発表から3カ月後の8月21日、BNR32は正式発売となる。
 鮮烈なデビューから丸5年でBNR32は勇退し、後継のBCNR33にバトンを託した。が、生産が終了した後も人気は衰えない。というよりむしろ人気が再燃し、再販を望む声も高かったのである。その声に応えたのが、スカイライン育ての親である櫻井眞一郎氏率いるS&Sエンジニアリングだ。20世紀の最後を締めくくる2000年10月に「BNR32 S&Sリミテッドバージョン」を限定販売した。

【関連記事】車のマフラーの役割とは?交換費用やメリットを紹介

BNR32 S&Sリミテッドバージョンを手に入れたオーナー画像はこちら

 

「櫻井眞一郎」が手がけた「BNR32 S&Sリミテッドバージョン」とは

 監修したのは、初代から7代目のR31まで手掛け、スカイラインを知り尽くした櫻井眞一郎氏だ。当然生産は終了しているから新車ではない。程度のいいBNR32の中古車を厳選し、これにファインチューニングを施して送り出したのである。販売台数は32台限定、販売価格は新車発表時と同じ445万円だった。
 販売方法もユニークだった。オンラインショッピングサイト(当時)の『パワーバイ・ドットコム』と『カーポイント(現・カービュー)』のウェブサイトを販売窓口としたのである。2000年10月25日の正午に受け付けを開始し、先着順に販売を行った。
 このBNR32 S&Sリミテッドバージョンは好評をもって受け入れられた。受け付けを開始するや否やアクセスが殺到し、わずか1分で完売してしまった。落札できず、キャンセル待ちに回った人は500人をはるかに超えたといわれている。BNR32 S&Sリミテッドバージョンを手に入れたオーナー画像はこちら

チューニングは多岐に渡ったが外観はノーマルを堅持

 スカイラインとGT-Rに対し、特別な思い入れのある櫻井氏が監修しただけにチューニングメニューは多彩で高性能だった。RB26DETT型エンジンはリビルドされ、ヘッドまわりを加工するとともにチタン製のバルブリテーナーも組み込んでいる。ターボユニットはレスポンスが良く耐久性の高いBNR34STDのものとした。最高出力は350ps/7500rpmを誇った。
 16段階に減衰力の調整ができるサスペンションキットもS&Sオリジナルだ。これにニスモ製のリンク類などを組み合わせた。絶妙なセッティングにより新車時よりも気持ちよく、意のままに操ることができた。
 BNR32 S&Sリミテッドバージョンは伝説の名車だが、Cピラーとトランクリッドにエンブレムを装着するのみで、外観は一見ノーマル。まさに櫻井眞一郎氏が思い描いた通りの、最良であり最強の「羊の皮を被った狼」だったのである。BNR32 S&Sリミテッドバージョンを手に入れたオーナー画像はこちら

画像ギャラリー