GT-Rの復刻パーツに手が出せない! 値上げせざるを得ない4つの理由 (1/2ページ)

GT-Rの復刻パーツに手が出せない! 値上げせざるを得ない4つの理由

製造廃止の純正部品復活は苦労の連続

 2017年からニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下ニスモ)が展開している「ニスモ・ヘリテージ」。R32スカイラインGT-R向けから始まった純正部品の復刻やリプレイス品販売、そして修理は、それまで製造廃止に悩まされたオーナーの救世主となった。

 しかし「値段が高過ぎる!」「純正部品を高く売るための策ではないか」などの不満が噴出しているのも事実だ。実際はやむにやまれぬ事情がある。その理由について探ってみた。

【関連記事】玄人好みの 隠れた名車「STIスポーツ♯」! 「シャープ」に込められた作り手の想い

GT-Rが苦しむ配線を復刻画像はこちら

30年程前のモデルは人気だがオーナーは経年劣化で苦しむ

 ここ最近、1990年前後に作られたクルマたちが注目を集めている。この時期以降、明らかにクルマの作り方が変わり、大枠では20世紀のクルマ作りから21世紀型のクルマ作りになったと言えるだろう。

 わかりやすいところでは、手書きの図面からCADデータに変わったこと。クルマを作る上で、テストドライバーの経験値や感性を頼りにしていた時代から、さまざまな解析技術やシミュレーション技術が進化し効率的なクルマ作りが可能になったことなどが挙げられる。

 こうした点を踏まえると、20世紀のクルマたちには人間的な血の通ったような乗り味があるのかもしれない。だからこそ、今、あの時代のクルマたちを大切に乗り続けようとする人が多いのもうなずける話である。

 しかし、発売から30年以上も経過していれば、愛車を維持するために必要な純正部品の供給も途絶えていることが多い。日本の自動車メーカーの場合、概ねそのクルマの生産中止から10年を目処に、純正部品の供給も終了することが多い。

 理由は、部品も売れなくなるからだ。

【関連記事】玄人好みの 隠れた名車「STIスポーツ♯」! 「シャープ」に込められた作り手の想い

日産R32スカイラインGT-Rのフロントビュー画像はこちら

当時のクルマを甦らせる純正パーツの復刻

 ところが前述の通り、1990年前後に登場したクルマの人気が高く、スカイラインGT-Rやシルビア、RX-7など、一部車種については新車時の価格を大幅に上回る値段で取引されている中古車も多い。となれば、純正部品の供給を求める声も大きくなる。こうした現代の風潮に対し、自動車メーカーあるいはその参加の子会社がかつての純正部品を復刻する動きが数年前あたりから目立つようになってきた。

 その筆頭が「日産自動車」と子会社の「ニスモ」がタッグを組んだ、ニスモ・ヘリテージパーツだ。日産ディーラーで普通に手に入れられる部品として供給している。

  現代でも人気のR32スカイラインGT-Rの純正パーツの復刻にはじまり、現在はR33、R34と3世代のGT-Rを対象に純正復刻のパーツ、代替品として作るリプレイス品、そしてアテーサE-TSなどの修理という3部門を展開。その数は現時点で200点以上に上る。近年、純正部品の製造廃止に悩まされていたGT-Rオーナーにとっては、まことに歓迎すべき動きと言えるのではないか。

 しかしながら、これら「ニスモ・ヘリテージパーツ」の中には、純正部品時代の価格から高くなったもの多いのも事実だ。こうした点を不満に思っているオーナーも多いとう。

 なぜ、高くなってしまったのか。その理由を探ってみた。

R32スカイラインGT-Rのニスモヘリテージパーツ画像はこちら

 

画像ギャラリー