「r34gt-r」の記事一覧

「r34gt-r」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「2年待ち」「300万円越え」でオーナー悲鳴! GT-Rの名エンジン「RB26DETT」のシビア過ぎるオーバーホール事情

ベース車だけでなくメンテナンスも高額!?「スカイラインGT-Rが欲しい」と思っても、いまや中古車市場では目玉が飛び出るほどの高額になってしまった。それでも頑張って憧れを手にした結果、その先にはいずれメンテナンスへ資金を費...

続きを読む...

GT-Rの復刻パーツに手が出せない! 値上げせざるを得ない4つの理由

製造廃止の純正部品復活は苦労の連続 2017年からニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下ニスモ)が展開している「ニスモ・ヘリテージ」。R32スカイラインGT-R向けから始まった純正部品の復刻やリプレイス品販...

続きを読む...

ドバイの「GT-R」マニアがR34を左ハンドル化! 情熱が凄すぎる

ドイツ人写真家が出会った世界のGT-R乗り 自らもGT-Rオーナーであるドイツ人写真家、アレキサンダー・キューレテム氏が世界中を旅して出会った各国のGT-Rオーナーたち。彼らは日本の名車に対する想いが強い。写真集「GT-...

続きを読む...

GT-R好きが高じて日本語習得! オーストラリア人を「虜」にしたR34の魔力

海外流出したGT-Rは幸せに暮らしているのか?アメリカの法律で「生産から25年経過したクルマはクラシックカーもしくは骨董品として扱われ輸入が解禁される」いわゆる『25年ルール』もあり、海外にGT-Rが流出している。かなり...

続きを読む...

最強の名を欲しいままにした「スカイラインGT-R」も完璧じゃなかった! 歴代5モデルが抱えた「弱点」とは

歴代スカイラインGT-Rにもあった弱点 箱スカ、ケンメリの後、17年振りに復活したR32、R33、R34と続いたスカイラインGT-Rはどれも魅力ある素晴らしいクルマたちである。しかし、それぞれハードウェア、周辺の背景に代...

続きを読む...