夢はR34とR35の「GT-R」2台持ち生活! 隠れGT-RファンだったGT500ドライバー平手晃平選手の愛車遍歴 (1/2ページ)

夢はR34とR35の「GT-R」2台持ち生活! 隠れGT-RファンだったGT500ドライバー平手晃平選手の愛車遍歴

この記事をまとめると

  • 若かりしころトヨタドライバーとしてF1を目指した平手晃平選手
  • GT500クラスへの昇格記念に父が好きだったR32をプレゼント
  • 日産移籍後はGT-Rでレースに勝ち、日常でもGT-Rライフを楽しんでいる

かつてF1を目指したドライバーが日産系GT500チームへの移籍で固く決意したこと

 トヨタの育成プログラムによってF1ドライバーを目指し渡欧。帰国後はトヨタチームで2度のGT500クラス王者を獲得する。2019年の日産勢への加入は、GT-Rファンにとってまさに驚き以外の何物でもなかった。しかし、本人にとっては人生の夢を一つ叶えた瞬間。かつてR34を目にした日からGT-Rへの情熱を抱き続けていたのである。

高校2年生のとき単身イタリアに渡る

 2019年2月9日13時、平手晃平選手の姿は神奈川県横浜市にあった。「日産自動車」本社ギャラリーで行われた「2019モータースポーツ活動計画発表会」のバックステージで昂ぶる気持ちを抑えきれずにいた。早く日産ドライバーとして表舞台に立ちたい。

 ステージでは日産のエースである23号車が紹介されている。次だ! 平手選手が乗る3号車の体制がスクリーンに映し出されると、詰めかけたファンからどよめきが起こった。一瞬だけ「ステージに上った瞬間に空き缶とか投げられたらどうしよう」と不安が頭を過ぎったが、すぐにかき消された。会場の外まで溢れかえるファンから温かい声援で迎えられ、ここに「日産ドライバー・平手晃平」が誕生したのである。

 小学生のころからレーシングカートを始め、高校2年生の時にF1ドライバーを夢見てトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラムの支援を受け渡欧した。

「カートを始めたときからレーシングドライバーになりたいとは思っていましたが、自分の家でやれるほどの財力はない。トヨタのオーディションに受かったらその道が開けると考えたんです。そして合格したので本気でやろう。学業はもういいいや、と高校2年の冬休み明けにヨーロッパ行きが決定しました」

 16歳で単身イタリアへ。下見のときは関係者も一緒だったが、3月に本格的に出発するときは本当に一人。英語はもちろんイタリア語なんてまったく話せない。

「まさか英語が必要になると思っていなかったのでほとんど勉強しておらず焦りましたね。とりあえず教科書のニューホライズンをカバンに入れて出発しました。初歩的な英語さえわかれば何とかなるだろうと思っていたんです」

【関連記事】家族ドン引きの乗り心地! 間違った車高調セッティングの診断と改善方法をお教えします

日産に電撃移籍したGTドライバー平手晃平選手は中学時代からGT-Rに憧れていた

市販車に興味がなかった少年に強烈な印象を与えたR34

 若さに勝るものはない。この度胸と頭の柔らかさによって2年目からは生活に困ることもなかったそうだ。ヨーロッパではフォーミュラルノーに始まりユーロF3やGP2へ参戦した。そんな平手選手だが、幼少期からクルマ好きというわけではなかったと言う。

「レーシングカートをやっていましたし、父はバイクとクルマが大好きですが、自分は市販車にはあまり興味がなかったんです。でも、中学3年のころたまたまコンビニで立ち読みしていた雑誌で目に飛び込んで来たのがR34型のスカイラインGT-Rでした。はっきりは覚えていないのですが、たぶん“マインズ”のデモカーだったと思います。強烈なインパクトを受けました。初めて好きになったクルマがR34なんです。免許を取ったら乗りたいと思いましたよ」

 海外修行中に18歳になり、休暇で帰国中に短期間で教習所に通い詰め免許を取得。とはいえ、当時はヨーロッパに住んでいたこともあり、すぐに愛車を手にすることはなかった。

 帰国後、23歳にして初めて手に入れた愛車は6速MTのトヨタ・アルテッツァ。R34も当然頭を過ぎったが、当時はトヨタ契約ドライバーということもあり断念している。

「まだ20代前半ですから、アルテッツァを所有しながら、陰でR34に乗るなんてことは無理でしたね」

 帰国した2008年はチーム・インパルからフォーミュラ・ニッポン(現スーパーフォーミュラ)に参戦。またスーパーGTもGT300クラスで戦った。ちなみに、初めて平手選手がR35GT-Rをドライブしたのもこの年だという。とある企画で宮城県の「スポーツランドSUGO」に国内外のスーパーカーが集結。「好きなクルマに乗っていい」と言われ、迷わずR35に駆け寄った。「すごい!」「速い!」という言葉しかなかった。参戦1年目で両カテゴリーとも優勝を経験。その能力の高さが評価されるのは当然のこと。翌2009年にはGT500クラスへのステップアップが決まったのである。

日産に電撃移籍したGTドライバー平手晃平選手は中学時代からGT-Rに憧れていた

GT500への昇格記念にR32購入! 日産移籍でR35を手にした理由

 2009年にGT500に乗ることが決まったことで、平手選手は記念として一つの大きな買い物を決断した。「GT-Rを購入する」。しかも、ずっと憧れ続けていたR34ではなくR32である。

「父がずっとR32が好きだというのは前々から知っていました。ヨーロッパでレースをやっていたころ、たまに家に戻るといつも父は“GT-R Magazine”を読んでいたんです。それが帰国するたびに本が増えていく。そこでGT500に昇格が決まった年に『R32欲しいんでしょ? 買いに行こうか』と父に伝えました」

 平手選手がレーシングカートを始めると、ランチアやセリカGT‒FOURなどを乗り継いできたクルマ大好きの父親が、一切趣味のクルマを止めてカート運搬のためにハイエースを購入。夢を追う息子に精一杯投資して応援してくれた。だから、何かの記念に父親に恩返しがしたいと思っていたそうだ。

「本人はあまり感情を出さないけれど、母親に聞くと、毎日洗車してボディが擦り切れるくらい磨いているよと、かなり喜んでくれたみたいです」

 購入したのは「NISMO」のファインスペックエンジンを搭載した600㎰超のチューンドカーだった。室内にはロールバーも組まれていたという。

「父が見つけてきて一緒に買いに行きました。今は500㎰程度に抑えていますが、それでもじゃじゃ馬といった雰囲気ですね」と話す平手選手は、現在でも地元に帰れば必ずエンジンを掛け、R32を走らせているそうだ。

「購入当時はトヨタドライバーですから、おおっぴらにGT-Rは乗れない。父が乗っていていつかは自分のところに来るかな、という考えもあったんです」

 購入から10年以上。お父さまは今でもGT-Rを大切にしてくれている。だからきっと2019年に息子が日産ドライバーになったことも自分のことのように喜んでくれたに違いない。

日産に電撃移籍したGTドライバー平手晃平選手は中学時代からGT-Rに憧れていた

画像ギャラリー