あの「デロリアン」を3輪車で再現! 作ったのは自称「創業者の隠し子」ってマジ? (1/2ページ)

あの「デロリアン」を3輪車で再現! 作ったのは自称「創業者の隠し子」ってマジ?

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の名車に3輪車の計画があった?

 SF映画の傑作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で「タイムマシン」として登場した「デロリアンDMC-12」は、1981年から82年までのわずか2年弱、約9000台しか生産されなかったクルマ。ジウジアーロのデザインによる未来的なデザインは際立っていて、今なおファンが多い名車である。

 今年の8月、イギリスの自動車イベントに「デロリアンDMC-21」と名づけられた3輪車が登場して、あまりに意表をついたスタイルが好事家の間で話題を呼んだ。

 これだけなら「マニアのお遊びカスタム」で終わるところなのだが、作った本人が「デロリアン創業者の息子」を名乗り、これを販売すると言い出したことから、「本家」DMC社と裁判になろうとしている。当人は法廷で勝つつもりだ。

「リライアント・リアルト」をベースにガルウィング化

 イギリスはイングランドの南西の端、コーンウォールに「タイラー・デロリアン」なる青年が住んでいる。本人いわく、デロリアン創業者のアメリカ人「ジョン・Z・デロリアン」が北アイルランドの工場に滞在していた1981年に、彼の母がジョンと関係を持ち、彼が生まれたのだそうだ。パスポートにも「タイラー・デロリアン」と記されているという。

 そして「1981年のデロリアンの計画」に基づいて3輪車をつくることにしたとタイラーは言っているが、その証拠は公表していない……。

デロリアン「DMC-12」の3輪車バージョン登場
画像はこちら Photo: Instagram

 ともあれ、タイラー・デロリアンが「DMC-21」プロジェクトのベースにしたのは、イギリスの小さな自動車メーカー「リライアント」が製造していた前1輪・後2輪の3輪車「リアルト」だった。

 かつてイギリスでは3輪車が税制で優遇されていて、多くの3輪車が作られていた。リライアント社は1973年に3輪車「ロビン」を発売し、モデルチェンジしながら2002年まで生産されたロングセラーとなった。

「リアルト」は「ロビン」の後継として1982年~1998年に生産されていた3輪車で、セダン、ステーションワゴン、バン、ハッチバック、ピックアップなど、多彩なボディバリエーションを誇っていたモデルなのである。

デロリアン「DMC-12」の3輪車バージョン登場画像はこちら