主役を喰うほどの存在感! 海外映画&ドラマで憧れた「名役車」6選 (1/2ページ)

主役を喰うほどの存在感! 海外映画&ドラマで憧れた「名役車」6選

いまなお記憶に残る作品を彩った名車たち

 名作と呼ばれる映画には存在感のある名脇役が不可欠で、クルマがその役割を果たすことも少なくない。当時を振り返って、「ストーリーはハッキリ思い出せないけど、出ていたクルマは鮮明に記憶が蘇る」という人も多いのではないだろうか。そこで今回は、ちょっと古めの洋画をメインに、作品を彩った名車たちを紹介したい。

【関連記事】素人には絶対開けられない! 「顔面開閉」に「逆シザーズ」など奇天烈ドアのクルマ3選

アメリカン・グラフィティの劇中車「デュース・クーぺ」画像はこちら

バック・トゥ・ザ・フューチャー【DMC-12】

 まずは王道中の王道として「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を。タイムマシンに改造され過去や未来を行き交うのは、かつてアメリカに存在したDMC(デロリアン・モーター・カンパニー)の「DMC-12」と呼ばれる車両だ。バック・トゥ・ザ・フューチャーの劇中車「DMD-12」フロント側画像はこちら

 続編を含む映画の世界的な大ヒットに加えて、ジョルジェット・ジウジアーロによる近未来的なデザイン、トータルで約8000台という生産数の少なさもあって、コレクターの間で高い人気を誇っている。バック・トゥ・ザ・フューチャーの劇中車「DMD-12」リヤ側画像はこちら

 なおDMCはDMC-12を発売した翌年に倒産。世に送り出した市販車はこのモデルのみ。バック・トゥ・ザ・フューチャーの劇中車「DMD-12」コクピット画像はこちら

ナイトライダー【トランザム】

 次は1980年代に一世を風靡したドラマ「ナイトライダー」で知られる、ポンティアックの第3世代「トランザム」。科学の粋を結集した電子頭脳を搭載したという設定で、主人公マイケル・ナイトの心強い相棒として、凶悪な犯罪集団と闘うスーパーカーだった。

 性能も凄まじくボディ全体が防弾であることはもちろん、最高速は300マイルで、ジャンプや片輪走行をこなし、会話どころか自らの意思で走行することも可能。アメリカのみならず日本でも熱心なファンによってレプリカが作られ、フロントに組み込まれた流れるライトは製品化されりもした。ナイトライダーの劇中車「トランザム」画像はこちら

特攻野郎Aチーム【バンデューラ】

 同時代のドラマなら「特攻野郎Aチーム」で主要人物のひとり「コング」が駆る、GMCの「バンデューラ」を覚えている人も多いだろう。黒いボディに赤いストライプが印象的で、チームの移動によく使われていたほか、盗難に遭ったり破壊されるのもお約束だった。特攻野郎Aチームの劇中車「GMCバンデューラ」画像はこちら

画像ギャラリー