キャンプのお供にオススメの「ラジコン」は? ハマるとヤバい「オフロードRC」の世界 (1/2ページ)

キャンプのお供にオススメの「ラジコン」は? ハマるとヤバい「オフロードRC」の世界

キャンプとラジコンの相性はバッチリ!

 ここ数年、空前のアウトドアブームが続いている。コロナ禍において、その人気はさらに加速。「密を避けて楽しめる」ことにメリットを感じて、最近キャンプを始めたという人も多いのではないだろうか。

 キャンプやデイキャンプ、バーベキューなどアウトドアの楽しみ方はさまざまだが、そうした「ソトアソビ」のお供としてオススメなのが、オフロード仕様のラジコンカーだ。自然のなかで手軽に遊べて、アウトドアをより楽しくしてくれる「オフロード・ラジコン」。今回は、その選び方や楽しみ方について解説しよう。

アウトドアに適したラジコンカー選び

 自然豊かなフィールドで楽しむキャンプやバーベキューなら、ラジコンカーを走らせる場所には事欠かない。アウトドアギアと一緒にお気に入りのラジコンをカーゴに積み込み、キャンプやバーベキューの合間に自然のなかを走らせる。ラジコンがあれば、ソトアソビの楽しみは今まで以上に大きく広がるはずだ。

 アウトドアのお供にするなら、オフロード仕様のラジコンであることが大前提。車高が低いオンロードカーでは舗装された駐車場くらいしか走らせることはできないが、オフロードカーなら舗装・未舗装を問わず様々な場所で走行できる。

 オフロード・ラジコンとひと口に言っても、その種類は多種多様。キャンプやバーベキューの合間に走らせるなら、どんなクルマを選べばいいのだろうか?

【関連記事】米国で「車中泊」あらため「フリーキャンプ」に挑戦! キャンプ場以外での車中泊はリスクと背中合わせです──米国放浪バンライフ:Vol.10

様々なオフロード用ラジコンカー画像はこちら

「RCバギー」はキャンプのお供には不向き

 オフロード・ラジコンというと、まず「バギー」を頭に思い浮かべる人が多いだろう。レーシーなフォルムに大径のスパイクタイヤを組み合わせた「RCバギー」は、見た目もカッコよく、いかにも「オフロードが得意です」といったイメージが漂う。価格も比較的安価で、手軽にラジコンを始めたい初心者にもピッタリだ。

 しかし、実はバギータイプのラジコンカーは、キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーとの親和性はさほど高くない。

 RCバギーは、もともと「フラットダート」(平坦な未舗装路)を速く走るためのモデル。パッと見は「いかにも走りそう」なフォルムだが、車高が低いことがネックとなって、障害物が多い悪路は不得意だ。コントロール性に優れスピードもあるので、芝生の広場や土のグラウンドなら軽快に走行できるが、石がゴロゴロしている河原や、木の根っこやデコボコが多い林間サイトには向いていない。

「RCバギー」は「フラットダート」に特化したモデル画像はこちら