TVドラマ「ビューティフルライフ」キムタクの愛車でお馴染み!「TW200」がバイク文化に与えた「すごい影響」とは (2/2ページ)

排気量アップしてカスタム色を押し出した改良モデルも登場

 TWとスカチューンブームはやがて他メーカーも巻き込み、ホンダからはFTR223、スズキからはグラストラッカーといったマシンたちが生まれていきます。TW自身も1998年に登場した丸形ヘッドライトのTW200E2000年から一本化(1998~1999まではオフロードタイプと併売)すると、同時にタイヤもオンロード寄りに変更。さらに2002年に排気量をアップしたTW225では、シートカウルやメーターも小型化してストリート色を一層強めていきます。

【関連記事】ホンダ「S2000」のレーシングスペックのエンジンに感激! ホンダらしさ全開のオープン2シーターを振り返ろう

TW225/E

 2000年代前半のバイクシーンはビッグスクーターとともに彼ら「街のなかへ向かうための乗り物」が大きく花開いた時代でした。

路上駐車取り締まり強化の影響で街からストリートバイクが消える……

 さて、一斉を風靡したTW2008年には生産終了となってしまいました。その理由は排ガス規制に対応するためのコスト増を吸収しきれないというものでしたが、実際は2006年に導入されたバイクの路上駐車取り締まり強化の影響がもっとも大きかったように思います。路上駐車するカスタムバイク

 街の中心部へ行く乗り物だったTWやビッグスクーターはモロにその影響を被り、需要は急速に減少。それまで学生たちがアパート前に愛車を路上保管していた光景も許されなくなって消えていってしまいました。たしかに渋谷をはじめ都市部の路上にあふれかえった駐車車両には弊害もありましたが、若者文化のひとつは確実に社会によって摘み取られてしまったのです。

一周回っていまツーリングブームやバイクソロキャンプが密かな人気に!

 ときが移った現在、若者たちの間でバイクはふたたびツーリングやキャンプなど街の外へと向かう乗り物として脚光を浴びるようになりました。でも、それは昔と同じものではありません。なぜならそこに「孤独」という文字はないからです。バイクソロキャンプ

 インカムの普及により、ツーリングでも仲間たちとワイワイと楽しみながら走ることが彼らには至極あたり前のスタイル。かくして街の外へ出ることで得られるバイク本来の「操る楽しさ」と、TW時代に街のなかで得ていた「仲間たちと共有する時間」を、今では両方一度に手にできる時代となりました。そう考えると、今の若者たちは一番恵まれている世代なのかもしれませんね。