クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • たった10万円でパワーアップできる! ターボ車改造の定番「ブーストアップ」って何
CUSTOM
share:

たった10万円でパワーアップできる! ターボ車改造の定番「ブーストアップ」って何

投稿日:

TEXT: 加茂 新  PHOTO: Auto Messe Web

さらに追求するなら専用セッティングを施すことも可能

 このブーストアップをするECUの書き換えは10~15万円ほどが相場。ブースト圧に合わせて、燃料の噴射量や点火時期、空燃比などが最適化される。ときには電動ファンの回転が始まる温度を下げて、パワーアップに合わせた冷却対策を施している場合もある。それらのデータに書き換えるのだが、作業はECUを書き換えるだけなので数時間。車種によってはECU自体を外して送付することでデータを書き換えて返送してくれることもある。

ECUイメージ

 効果は車種によるところが大きいが、最大パワーの10~20%アップが望める。300psクラスのクルマなら330~350psくらいが目安。140ps/23.4kg-mの現行スイフトスポーツで例えると、160ps/28.0kg-mくらいまで引き上げられるのが一般的。馬力的にも変化が大きいが、トルクが大きく増えることが多い。力強さが増して加速感が明らかに良くなる。NA車のECUチューンも効果はあるが、ターボ車ほどの大きな恩恵はないと断言できる。10~15万円ほどで、簡単に何十馬力も上がるブーストアップはコストパフォーマンス最高なのである。

スイフトスポーツ

 さらに性能を発揮させるには、1台ずつセッティングを合わせ込む「ECU現車合わせ」を行ったほうがいい。そうするとさらに5~10万円ほどのコストが掛かる。しかし、現行車であればそこまでしなくても十分な効果は得られる。

現車合わせイメージ

 ターボ車が人気の理由はブーストアップでパワーが出しやすいことにあるが、モアパワーを求めるならタービン自体を大きなものに交換する手もある。ざっくり言うとタービン交換は本体と工賃で約50万円からがスタート。パワーもドカンと50~100psアップさせることができるが、コストもかなり掛かる。

 車種にもよるが燃料インジェクター交換や、燃料システムのキャパをアップすればもっとパワーが出せることもあるが、そうなるとタービン交換+50万円ほどが目安。つまり100万円コースなのだ。それに比べると遥かに敷居が低く、効果が大きいのがブーストアップなのだ。

 昭和から平成のブーストアップは、ブーストコントローラーを取り付け、タービンのアクチュエーターは強化品にして、ECUは何度か空燃比を確認しながら書き換えていく必要があり、コストも時間も遥かに掛かった。しかし、現代のクルマのブーストアップは極めて簡単。ターボ車ならば、ぜひオススメしたいチューニングの第一歩なのだ。

1 2
  • ECUイメージ
  • ECU書き換えイメージ
  • タービンのイメージ
  • スイフトスポーツ
  • ブースト画面
  • 現車合わせイメージ
すべて表示
  • 加茂 新
  • 加茂 新
  • チューニングライター。1983年生まれ。父が初代VWゴルフ、シトロエンBX、ZXなどを乗り継いでいた影響で16歳で中型バイク(ZRX400)を購入し、大阪芸大時代にAE86を購入。卒業後はチューニング&ドラテク専門誌を15年間製作し(約2年の編集長を含む)、数多くのレースにも参戦。2021年春よりフリーランスとなる。過去には180SX、S15、NA8、SCP10、86前期&後期を所有。現愛車はAE86、GR86、ZC33Sスイフトスポーツ、CBR954RR。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS