「ポルシェ911 RSR」2台を1週間で完璧レストア! ワークスチームの仕事ぶりがスゴすぎた (1/2ページ)

「ポルシェ911 RSR」2台を1週間で完璧レストア! ワークスチームの仕事ぶりがスゴすぎた

WEC=世界耐久選手権を戦うポルシェ・マンタイ・レーシングチーム

 2021年シーズンのWEC(世界耐久選手権)は富士スピードウェイでの日本ラウンドがキャンセルされ、最終2戦がバーレーン6時間と8時間となった。そのインターバルのたった1週間で、「GT-PRO」クラスのタイトルを争うワークスチーム「ポルシェ・マンタイ」が2台の「ポルシェ911 RSR」を整備する様子を公開した。それが単なるメンテナンスどころか、フルレストアといっていいほどの内容。しかしながら、恐るべきスピーディな仕事ぶりなのだ。

スペアパーツはコンテナ6個分をつねに用意

 9時30分、前日の激しいレースで受けた2台のダメージをまずはチェック。タイヤラバーの跳ねた跡や他車との接触跡が生々しい。10時からチーム全体でブリーフィングを行ったら、早速に作業開始だ。

【関連記事】ダイハツ「コペンGRスポーツ」にときめく!? 元カプチーノ乗りによる正直なインプレッションをお届けします【AMWリレーインプレ】

レース翌日、タイヤラバーの跡も生々しい画像はこちら

「ボディとサスペンションをバラして、パワートレインを抜くのに約40分。クルマに残っているのは燃料タンクと電装系、インテリアのコンポーネントぐらい」と、チーフクルーのトビアス・ハンソニスは説明する。

チームクルーのトビアス・ハンソニス画像はこちら

 この状態からあらゆるパーツが清掃クリーンアップと同時に、手と目でチェック。もし不具合があれば各部門のエキスパートが呼び出され、交換かリペアかの判断が下される。空力に影響を及ぼすため、カーボンのボディパネルも念入りにチェックしていく。バーレーンの気候なら、現場で補修したレイヤーが固まるのも早いそうだが、ドライヤーやオーブンなら2時間もあれば望みの硬度にできるのだそうだ。

カーボンパーツの専門家ウルリヒ・パスハウス画像はこちら フロント側の車体下部のスキッドプレートのように、路面にあたること、摩耗することが前提のパーツもあるが、約5000点もの交換パーツは約6個のコンテナに収めて、レースウィークのサーキットに持ち込まれる。