「安易な取り付け」は違反になるケースも!「ドライブレコーダー」の正しい装着位置とは (2/2ページ)

取り込む映像を妨げるものがないか 

 続いて実用性の面で気を付けたいポイントをいくつか挙げよう。まずはワイパーが可動する範囲に収めること、そしてフロントガラス上部の着色された部分を避けること。せっかく装着したのに映像が不鮮明では意味がない。スッキリした見た目を求めてルームミラーの裏側に取り付けるなら、ミラーの首振りを妨げないよう固定する前にチェック。

【関連記事】いまさら聞けない、ショックアブソーバーとサスペンションの違いとは? 役割や交換時期をお教えします

ドライブレコーダーの取り付け位置の注意点画像はこちら

 もうひとつの注意点は角度。ドライブレコーダーのカメラは広角レンズが大半なので、意識している人は少ないかもしれないが、なるべく広範囲を録画できるようにするのがセオリーだ。両隣の車線をはじめとする周囲の交通や他車のナンバープレートが判別できなければ、仮に事故や事件に巻き込まれても証拠として使いにくい。

 なお取り付けを確実にしていないと走行中の振動で角度がズレたり、配線が抜けて録画できなくなったり、吸盤で固定する製品は脱落してしまう可能性もある。安全のために買ったドライブレコーダーが違反になったり、万が一の際に役立たなかったなどという事態を招かないよう、取り付け位置はモチロン角度や固定にも細心の注意を払うべし!