クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 「気がつけばスマホの電池切れ」「ファスナーが凍る」 冬キャンプで陥りやすい「意外な失敗」とは
OUTDOOR
share:

「気がつけばスマホの電池切れ」「ファスナーが凍る」 冬キャンプで陥りやすい「意外な失敗」とは

投稿日:

TEXT: 大森弘恵 PHOTO: 写真AC

十分な冷え・濡れ対策をとって冬キャンプを楽しむ

 これまでデイキャンプや都道府県内のキャンプ場でリフレッシュしていた人も、初めてキャンプ場でクリスマスや年末年始を迎える計画を立てている人がいることだろう。冬キャンプで陥りやすい失敗について紹介しよう。

水気のあるものが全て凍り付く

 最低気温が氷点下となる場所では、当然、水気のあるものが凍り付いてしまう。テントのフライシートがパリパリになるのはもちろん、ファスナーが凍って開閉しづらくなるし、洗ったあと水分を拭き取らないまま重ねた食器も凍ってくっつのだ。このあたりは想定内だが、見落としがちなのが靴や首まわりを覆うネックウォーマー、グローブなどだ。

 これらは気づかないけれども汗で湿気を帯びていて、朝、冷え切った靴やネックウォーマー、グローブに愕然とする。翌朝の着替えは寝袋の足もとに詰めたり、枕代わりにしたりして予防しよう。靴も袋に入れてテント内に持ち込むと少しは防ぐことができる。

 また、水分の多い野菜も凍ってしなしなになる。どうしても朝、シャキシャキのサラダを食べたいなら凍り付き対策としてクーラーボックスを活用したい。

 ちなみに凍った水や雪でも溶かせば使えるが、凍った水をケトルに取り出すのは大変だし、ふわふわの雪を溶かして作る水は少量にしかならない。クルマ移動のキャンプであれば、断熱性の高いジャグを利用するかクーラーボックスに水を保管するほうが効率がいい。

雪中キャンプはテント内もスリップ注意

 地面からの冷えと濡れ対策で、テントの下にはグラウンドシート、テント内は厚手マットやブランケットを敷き詰めるのはお約束だ。

 さらに厚手のマットやコットの上で眠るわけだが、雪中キャンプの場合、マットだとだんだん寝ている場所がくぼんでそこが固まってしまう。連泊の場合は同じ場所に寝ないとデコボコが気になるし、地面が不安定で歩きづらい。マットの素材によっては盛大にスリップするので注意したい。寝室だけでなく、最近人気の2ルームテントのお座敷スタイルも同様に気をつけてほしい。

焚き火は夏より着火しづらい

 薪が燃えるには十分な熱が必要だ。冬は空気が乾燥しているので早く薪に着火しそうなものだが、気温が低いと薪の着火に時間がかかる。湿気を含んだ薪ならなおさらだ。

 放熱を抑えるために薪を並べた上に焚き付けを載せて着火するなど工夫が必要だし、夕方、寒くなってから焚き火を始めるのではなく、早めに準備しておきたい。

 なお、灯油ストーブや薪ストーブをテント内で使っているキャンパーがいる。だが、毎シーズン事故が起きているので「自分は大丈夫」と思わず、使用するなら換気と火災対策は万全に。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS