クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • サーキットを走るなら「中古の軽が絶対おすすめ」その理由は? いま狙い目のMTで楽しめる「軽カー」4選
CUSTOM
share:

サーキットを走るなら「中古の軽が絶対おすすめ」その理由は? いま狙い目のMTで楽しめる「軽カー」4選

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭 PHOTO: 佐藤 圭/Auto Messe Web編集部

ダイハツ・ミラ

 NAのダイハツでいえばL275ミラ。以前は長いホイールベースのせいで曲がらない、背が高いので横転しやすいとも言われていたが、前述の東北660選手権でセッティングが煮詰められ、今となってはイチバン台数の多いマシンとなっている。長いホイールベースは高速コーナーで安定すると評価が逆転しており、足まわりのセットアップが進んで横転もほとんどなくなった。ダイハツ・ミラ

 2006~2018年と生産された期間が長いため中古車のタマ数は多く、余計な装備がなく走りに向いている廉価グレードは価格も激安。戦闘力/パーツの多さ/街乗りしやすさ/相場を総合的に考えれば、現時点でもっともコストパフォーマンスに優れたモデルといえるかもしれない。ダイハツ・ミラ

ダイハツ・エッセ

 最後は1代のみで終わってしまったが、根強い人気を誇るダイハツのエッセ。エンジンはL275ミラと同じKFでパワーやトルクは十分、そのうえホイールベースがL275より100㎜短く曲がりやすい特性だ。もうひとつ着目したいのはタイヤがボディの四隅にあり、オーバーハングが非常に短くハンドリングがクイックな点。ダイハツ・エッセ

 ジムカーナで無類の強さを誇った「GA2シティに運動性能が似ている」と話すドライバーもおり、高速サーキットもタイトコーナーが多いコースも得意という優等生なのだ。あとは参加したいイベントや自分のホームコースでどんなクルマが速いか、行きつけのプロショップが得意な車種はあるかなどを考慮し、モータースポーツを楽しむ相棒を選んでほしい。ダイハツ・エッセ

1 2
すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS