スバル中興の祖「初代レガシィ」! 評論家ですら「あれはセンセーショナルだった」と驚愕したワケは? (1/2ページ)

noteで書く
スバル中興の祖「初代レガシィ」! 評論家ですら「あれはセンセーショナルだった」と驚愕したワケは?

この記事をまとめると

  • 初代スバル・レガシィは1989年に10万km世界速度記録を携えて登場
  • 優れた動力性能を持ってスバルのWRC制覇に向けた先鋒としても1990年より参戦
  • 市販車でもツーリングワゴン市場を切り開きブームを作り上げる

本当の伝説グルマ 初代レガシィ

 いよいよ、待望の新型レガシィアウトバックの国内仕様が先日発表された。この新型レガシィアウトバックはレガシィシリーズとしては7代目であり、初代登場からじつに32年、レガシィはスバルのフラッグシップモデルに君臨し続けている。

【関連記事】和製アルファロメオの名は伊達じゃない! いすゞベレットGTRという珠玉の名車

7代目レガシィ・アウトバック画像はこちら

 初代レガシィはそれまでのスバルの主力モデルであるレオーネから一新。走破性という面では定評のあったレオーネだが、レガシィではシャーシからエンジンに至るまで多くの物を完全に新設計とし、ライバルのひしめく2.0Lクラスのセダン市場にすい星のごとく現れた。内外装もそれまでの独特なデザインから、革新的なデザインでありながら多くの人から支持されるオーソドックスなテイストを盛り込んだ。

初代レガシィ画像はこちら

世界記録を携えて輝くデビュー

 初代レガシィは発表前の1989年1月に、アメリカ・アリゾナ州フェニックスで10万km世界速度記録へ挑戦。DOHCインタークーラーターボを搭載するセダンRSは、走行平均速度223.315kmというワールドレコードを樹立し、日数にして19日間で達成した。この偉業は当時テレビでドキュメンタリー番組として報道されるなどして、クルマ好きにも大きな影響を与えた。

 DOHC全盛期に旧態化した1.8LのOHVエンジンを搭載し、四駆は曲がらない! と言われていたレオーネ。それに比べ、一気に時代の最先端、しかもクラストップレベルのスペックを誇るEJ20エンジンの搭載で、ワインディングからサーキットまで「曲がる四駆!」と言われるほど高いコーナリング性能までも併せ持っていた。そんなレガシィRSの登場には、それまでスバルに興味を持たなかったユーザーまでも振り向かせるほどセンセーショナルな出来事であった。

【関連記事】和製アルファロメオの名は伊達じゃない! いすゞベレットGTRという珠玉の名車

EJ20エンジン画像はこちら

 この世界速度記録の樹立により、レガシィはまったくのニューモデルでありながら、高い運動性能と耐久性を兼ね備えることをいきなり実証した。こうしてデビューした初代レガシィは、モータースポーツの世界でも活躍。レオーネ時代からラリーフィールドでは活躍していたSUBARUが、N1耐久レースなどサーキットでも活躍するようになった。初代レガシィのWRCデビュー戦スウェディッシュ・ラリー画像はこちら

 もちろんその主戦場はラリーであり、WRCでは1993年のニュージーランドラリーで優勝。スバル初のWRC優勝を獲得し、その座をインプレッサWRXへと譲った。

noteで書く

画像ギャラリー