メリークリスマス! サンタが操る「ロードスター」が2年ぶりに横浜の名所を疾走 (1/2ページ)

メリークリスマス! サンタが操る「ロードスター」が2年ぶりに横浜の名所を疾走

この記事をまとめると

  • RCOJが社会貢献活動の一環とした活動を実施
  • ひとり親世帯を対象にしたロードスターのドライブ企画
  • 150名を超える参加者が集まった

サンタの乗ったロードスターが横浜巡り

 2021年12月12日、晴天に恵まれた横浜市のみなとみらい地区を40台の歴代ロードスターが走り回った。ドライバーは全員サンタクロースの衣装を着用し、愛車にもクリスマスの飾りを施したオーナー有志。ゲストはひとり親世帯のお子さんと保護者たちで、横浜での開催は13回目という歴史あるイベントだ。

【関連記事】ギリギリ庶民でも買える! 「フェラーリ」「アストンマーティン」「ロールス・ロイス」が仕立てた「小粒コラボ車」4台

RCOJによるドライブサンタ企画画像はこちら

 ご覧の通り、サンタとオープンカーでのドライブが楽しくないはずがない。沿道の観光客も巻き込んで、この日のみなとみらい地区は笑顔であふれかえった。

「横浜サンタプロジェクト」の一員としての「ドライブサンタ」

 ロードスターのファンで構成する唯一の全国組織であるロードスター・クラブ・オブ・ジャパン(RCOJ)は、毎年秋から師走にかけて、オープンカーというロードスターの個性を活かした社会貢献活動をしている。当初は「オープンカーと遊ぼう」と題して児童養護施設を訪問したり、マツダの横浜R&Dに施設の子どもたちを招いてイベントを実施。助手席に乗せてのパン食い競争や、横浜R&Dからベイブリッジを渡ってのドライブ、メンバー有志が考案したゲームを一緒に楽しんだりしてきた。

 そして14年前からは「横浜サンタプロジェクト」の一員として「ドライブサンタ」を実施。ドライバーがサンタの衣装を着て、クルマにもクリスマスのデコレーションをするようになった。ゲストには以前と同じ施設の子どもたちに加えて、ひとり親世帯の親子も招くようになって今日に至っている。

【関連記事】ギリギリ庶民でも買える! 「フェラーリ」「アストンマーティン」「ロールス・ロイス」が仕立てた「小粒コラボ車」4台

RCOJによるドライブサンタ企画。当時の模様画像はこちら

 さらに6年前からはRCOJが独自に「東京サンタ」を開催し、銀座周辺などのドライブも提供。2018年には3カ所目として「広島サンタ」も初めて実施した。来年6月には「札幌サンタ」も初開催の予定で準備が進んでいる。ただ昨年はこのサンタにもコロナが直撃し、唯一広島だけが開催された。今年は別の事情で東京が中止となったために「横浜&東京サンタドライブ」に名称を変更し、2年ぶりの開催が実現した次第だ。ちなみに「広島サンタ」も1週間前の12月5日に開催されて盛況だった。RCOJによるドライブサンタ企画画像はこちら

画像ギャラリー