ドラテクを磨くなら100万円以下がベスト! MTで遊び倒せる「中古FRスポーツ」5選 (1/2ページ)

ドラテクを磨くなら100万円以下がベスト! MTで遊び倒せる「中古FRスポーツ」5選

欲しいと思ったら即決がイチバン!

 ドラテク鍛錬に適しているのは、操縦性が素直なクルマ。つまりドライバーの操作とその結果の因果関係がわかりやすいクルマがいい。つまりアンダーステアやオーバーステアが出たときに、その原因がわかりやすく、なおかつ唐突な挙動にならないというのが大事だということ。

【関連記事】1014馬力の40台限定アストンマーティン降臨! 「ヴァルキリーAMR Pro」は「F1とLMPを足して2で割ったマシン」だった

トヨタ86でドライビングレッスンに参加している様子画像はこちら あまり高価なクルマだと、ドライバーが萎縮して限界付近の走りを試しにくくなるので、安価なのもひとつの条件。

 ここ最近、1990年代、2000年代の国産スポーツカーの中古車価格が高騰しているため、安価なドラテク鍛錬車を買うなら今しかないかも! というわけで、いま100万円以下で買えるFRのMT車をピックアップしてみよう。

日産フェアレディZ(Z33型)

中古車平均価格:100万円

 2002~2008年に作られていたフェアレディZのZ33。FMプラットフォームの2シ-ター専用モデルで、前後重量配分は53:47とかなり理想的。

【関連記事】1014馬力の40台限定アストンマーティン降臨! 「ヴァルキリーAMR Pro」は「F1とLMPを足して2で割ったマシン」だった

フェアレディZ33画像はこちら

 V6 3.5LのVQ35はドラテク鍛錬車としてはちょっと大排気量気味かもしれないが、高回転型エンジンではないので使いやすい(高回転まで回らないのは玉にキズ?)。また、吸排気系やECU、サスペンションなどのチューニングパーツも豊富だ。乗ってみると、サイズの大きいマツダ・ロードスターのような印象を受け、素直な特性に好感が持てる。フェアレディZ33画像はこちら 注意点としては、ABSが神経質なのでタイヤの外径は変えないこと。サスペンションもなるべくストロークを減らさないことだ。今年の夏に新型Zが登場すると言われているが、Z33の中古車価格は安くなりそうもないので、お早めに!

日産スカイラインクーペ(CPV35型)

中古車平均価格:75万円

 Z33とプラットフォームを共有している兄弟車がスカイラインクーペ。前後重量配分もZ33と同じ53:47と理想的だ。6速MT車は全車ブレンボ製ブレーキがついているというのもボーナスポイントである。スカイラインCV35クーペ画像はこちら

 車重が1530kgと少し重いのが気になるが、VQ35エンジンも吸排気系が見直され、V35セダンよりもスポーティな味付けになっている。今のところまだ中古車価格が安めなので、穴場的存在だ。練習車としてはかなりおすすめできる。スカイラインCV35クーペ画像はこちら