迫力満点のビッグスケール! 京商から1/12スケール「シェルビー コブラ427S/C」が発売

迫力満点のビッグスケール! 京商から1/12スケール「シェルビー コブラ427S/C」が発売

この記事をまとめると

  • 京商から1/12スケールのシェルビーコブラが発売
  • 開閉機構があり、限定数の設定はない
  • 価格は6万3800円(税込)

迫力のあるボディデザインを卓上で鑑賞できる

 魅力的なラジコンからモデルカーまでラインアップする模型メーカーの京商。同社のオリジナルブランドから「1/12スケール シェルビー コブラ427S/C」が12月29日に発売される。

 シェルビー コブラと聞けばアメリカ車好きには言わずもがな、だが、あらためて振り返ると、ベースとなったのはイギリス車だ。ACエースというクルマが存在し、2L直6エンジンを搭載していたのだが、1961年にそのエンジンが製造中止になった。

 その関係でクルマを販売することができず、ACカーズは経営難に陥った。そんな折にアメリカン人レーサーのキャロル・シェルビーと出会い、4.2L V8エンジンを搭載することを提案。晴れて1962年にシェルビー コブラとしてデビューしたという経緯がある。

【関連記事】ギリギリ庶民でも買える! 「フェラーリ」「アストンマーティン」「ロールス・ロイス」が仕立てた「小粒コラボ車」4台

京商から1/12スケールのシェルビー・コブラ427S/Cが登場画像はこちら

 当初はシャーシとエンジンのバランスが悪かったが、改良を加えられ、マーク1に始まりマーク3まで進化することとなる。そんなコブラの最終形体は? 聞けば誰もが答えるモデルが「427S/C」だ。

 ちなみに427とはキュービックインチ=7Lエンジンを搭載、S/Cはセミ・コンペティションを意味している。

ビックスケールらしい本物感が感じられる

 京商では、バイキングブルーを纏ったビックスケールでモデル化。ロングノーズ・ショートデッキというスポーツカーの代名詞だったボディスタイルを採用し、迫力のあるグラマラスなボディが印象的だ。

【関連記事】ギリギリ庶民でも買える! 「フェラーリ」「アストンマーティン」「ロールス・ロイス」が仕立てた「小粒コラボ車」4台

京商から1/12スケールのシェルビー・コブラ427S/Cが登場画像はこちら

 ボディにはリベットやエアダクトフィン、ロールバーの後ろには幌用のピンが無数に並ぶ。またサイドマフラーには、溶接の盛りまで再現されており、ビッグスケールらしい本物感が感じられるのも嬉しい。京商から1/12スケールのシェルビー・コブラ427S/Cが登場画像はこちら

 さらにボンネット、ドア、トランクには開閉機構を持ち合わせている。実車はなかなか目にすることができないので、ミニカーで通じて細部を知ることができるのは貴重だ。京商から1/12スケールのシェルビー・コブラ427S/Cが登場画像はこちら

 価格は6万3800円(税込)。全国の模型店およびインターネットで購入が可能だ。

【詳しくはこちら】

◆1/12 ダイキャストモデルシリーズ シェルビーコブラ 427 S/C (バイキングブルー)

https://dc.kyosho.com/ja/ks08633vbl.html

【お問い合わせ先】
京商株式会社 お客様相談室
◆tel. 046-229-4115
※13:00~18:00(月曜~金曜日、祝祭日を除く)

画像ギャラリー