クラウンのV8をぶち込んだ魔改造「コンテッサ」! 今なお現存する幻の「デル・ダンディ・ツーリング」とは (1/2ページ)

クラウンのV8をぶち込んだ魔改造「コンテッサ」! 今なお現存する幻の「デル・ダンディ・ツーリング」とは

この記事をまとめると

  • イタリアの巨匠、ジョバンニ・ミケロッティがデザインした日野コンテッサ
  • トヨタ・クラウン8の2.6LV8エンジンを搭載したモデルが存在した
  • ボディには冷却用のエアアウトレットが多数空けられている

モータースポーツでも活躍していたコンテッサ

 今ではトヨタグループの一員として大型トラックやバスの専門メーカーとなっている日野自動車ですが、かつては乗用車も生産していました。またグループ6の純レーシングカーを製作してレースに参戦するなど、モータースポーツでも活躍。そんな日野を代表する乗用車がコンテッサ1300です。

 イタリアの巨匠、ジョバンニ・ミケロッティがデザインした端正な4ドアセダンと流麗な2ドアクーペがあり、本場のコンクールデレガンスで何度も表彰された秀逸なデザインが大きな特徴でした。そのコンテッサ・クーペにクラウン8の2.6LV8エンジンを搭載し、和製コブラを目指したデル・ダンディ・ツーリングを振り返ってみました。

【関連記事】ギリギリ庶民でも買える! 「フェラーリ」「アストンマーティン」「ロールス・ロイス」が仕立てた「小粒コラボ車」4台

デル・ダンディ・ツーリング画像はこちら

当時の技術的トレンドだったリヤエンジンで正常進化

 デル・ダンディ・ツーリングを振り返る前に、まずはベースとなった日野コンテッサから見ていきましょう。明治の末期から大正、そして昭和初期にかけて鉄道車両や自動車、航空機を手掛けていた東京瓦斯電気工業を祖とし、いすゞ自動車とも同門に当たる日野自動車は戦後、ディーゼル機関の技術を活かして超大型のトレーラートラックや大型トラック・バスの製造を手掛けていました。1953年にはフランスのルノーから技術供与を受けて、ルノー4CVのノックダウン生産を始めています。

【関連記事】ギリギリ庶民でも買える! 「フェラーリ」「アストンマーティン」「ロールス・ロイス」が仕立てた「小粒コラボ車」4台

ルノー4CV画像はこちら

 1961年には自社開発のコンテッサ900を発売。そして1964年にはミケロッティにデザインを委託したコンテッサ1300を発表しています。ルノー4CVから継承されたリヤエンジン・パッケージを採用していて、フロントにラジエーターはないのですが、やはりミケロッティの手によるトライアンフ2000にも通じるデザインモチーフが感じられます。シャシーはルノー4CVやコンテッサ600のそれを正常進化させたもので、フロントがダブルウィッシュボーン、リヤがスイングアクスルの4輪独立懸架が奢られていました。日野コンテッサ1300クーペ画像はこちら

 新たに開発されたエンジンはOHVの直4で、ボア×ストロークが71.0mm×79.0mmとロングストロークで、1251ccの排気量を持ったGR100型が搭載されていました。特徴的だったのはOHVながらダブル・ロッカーアームを使用しバルブ配置をクロスフロー式としていたことで、エンジニアの意気込みが感じられます。日野コンテッサクーペ画像はこちら

 1964年の9月に4ドアセダンが登場し、翌1965年の4月にクーペが追加されています。クーペが登場するに際してはセダンに搭載されていたシングルキャブ/55ps仕様からツインキャブ/65ps仕様にチューニングが施されていました。そしてその半年後には、クーペ用の65ps仕様エンジンをセダンに搭載した1300Sも登場しています。さらに1966年ごろにはレース用として、ボディパネルの板厚を変えて軽量化を追求した20台のコンテッサLが製作されています。このなかの1台がデル・ダンディ・ツーリングへと発展していったのです。日野コンテッサクーペS画像はこちら

画像ギャラリー