乗るならいまがラストチャンス? MTが思う存分楽しめる新車を「今買っておくべき」理由とは (1/2ページ)

乗るならいまがラストチャンス? MTが思う存分楽しめる新車を「今買っておくべき」理由とは

この記事をまとめると

  • MT車に乗るならいまがラストチャンス
  • 新車ならこの先15~20年は安心して乗ることができる
  • 各メーカーのMTモデルを紹介

今新車で購入できるMT車を紹介

 自動車産業は、100年に一度の変革期を迎えていると言われている。いまのクルマ好きが愛する純ガソリンエンジン車やMT車は、いつまであるかわからない。何でも自動化、電動化が進むなかで、あえて手動のMT車に乗るならいまがラストチャンスだ。

【関連記事】復活の狼煙を上げた名門「ラリーアート」! 過去に生み出したコンプリートカー3台とは

MTがほしいなら新車にするべき理由画像はこちら

 将来、その希少性から値段が上がるかもしれないが、パーツ供給がストップすることもあり得るので(トヨタA80スープラのゲトラグ製MTなどは、すでにパーツの製廃が心配されている)できれば新車がおすすめ。

 現行車なら車体が製造中止になっても、その先10年はパーツが出るはず。つまり、この先15~20年は安心して乗ることができるので、MT車が大好きだという人は、今のうちに新車のMT車を買っておこう。絶滅危惧種のように言われているMT車だが、じつはまだまだ選べる余地は残っている。

今新車で購入できるMT車を紹介

 自動車産業は、100年に一度の変革期を迎えていると言われている。いまのクルマ好きが愛する純ガソリンエンジン車やMT車は、いつまであるかわからない。何でも自動化、電動化が進むなかで、あえて手動のMT車に乗るならいまがラストチャンスだ。

【関連記事】復活の狼煙を上げた名門「ラリーアート」! 過去に生み出したコンプリートカー3台とは

MTがほしいなら新車にするべき理由画像はこちら

 将来、その希少性から値段が上がるかもしれないが、パーツ供給がストップすることもあり得るので(トヨタA80スープラのゲトラグ製MTなどは、すでにパーツの製廃が心配されている)できれば新車がおすすめ。

 現行車なら車体が製造中止になっても、その先10年はパーツが出るはず。つまり、この先15~20年は安心して乗ることができるので、MT車が大好きだという人は、今のうちに新車のMT車を買っておこう。絶滅危惧種のように言われているMT車だが、じつはまだまだ選べる余地は残っている。

画像ギャラリー