愛車「ランクル79」のキズや凹みも完コピ! 「ラジコンクリエーター」が創り出すロッククローラーの世界 (1/2ページ)

愛車「ランクル79」のキズや凹みも完コピ!  「ラジコンクリエーター」が創り出すロッククローラーの世界

この記事をまとめると

  • ランクル79ピックアップをロックルローラーに改造
  • 愛車を完コピするRCカークリエイターのカーライフ
  • キズやボディの凹みまでもリアルに表現するこだわり

ランクル79を愛するRCクリエーターのヨンクライフに密着

 愛車をスケールダウンした、リアルなラジコンやミニカーが欲しい。一度はそんなことを考えたことがある人も多いと思うが、ボディカラーやグレード、カスタマイズ箇所までの完コピはこの上なく困難である。しかし、そんな夢を実現させてしまったクリエーターがココにいる。ヘコみやキズといった細部まで、スケールダウンしたラジコンで忠実に再現。RCカーで究極のリアルを追及する「ランドクルーザー79」オーナーのヨンクライフに密着した。

初出:ヨンクスタイルvol.4(※一部加筆修正)

2万人のフォロワーを抱えるRCクリエーターの
こだわりとは

 ランドクルーザー・ピックアップ(GRJ79)版を愛車に持つ“-taka79-さん”こと中島さんは、ステッカーやワンオフパーツ、さらにはボディのキズまで実車を忠実に再現している。クローラーラジコンのボディをアルミ板でハンドメイドし、インスタグラムにアップ。いまや2万人を超えるフォロワーを抱え、世界中から驚きの声が寄せられている。キッカケは約13年前、K-5ブレイザーに乗っていたころ。愛息と公園に行った際に砂場や木の根を見て、ラジコンで遊んでみたくなった。そこで既製品ボディをベースに、愛車に近づけるハンドメイドを始めたそうだ。

【関連記事】ギリギリ庶民でも買える! 「フェラーリ」「アストンマーティン」「ロールス・ロイス」が仕立てた「小粒コラボ車」4台

ランドクルーザー79(川渡り)画像はこちら

「その後はFJクルーザーに乗り換え、実車のカスタムも進んだので木製のオリジナルボディを作りました。でも、愛車はクロカンを走ってヘコむのにラジコンは横転してもヘコまないんですよね(笑)」

 この違和感を解消するアイディアこそ、ボディのアルミ化。3カ月かけて木とアルミ板のハイブリッド仕様を製作したが、2年前にオールアルミ製の初号機(SJ30ジムニー)を完成。現在のスタイルに辿り着いた。いまでは早ければ24時間程度で作り上げてしまうという。その突出したクリエイティビティからどんなバックグラウンドなのか気になるが、本業は美容師。長年地域の人々に愛されるサロンを経営し、店舗に併設する自宅の一角で空き時間を利用してラジコン製作に没頭している。RCクリエーター(中島たかひろ)画像はこちら

「自分の愛車がヘコんだらラジコンも凹ませたいし、ラジコンがヘコんだら実車もヘコませないと……と、ホンキで思いますよ。今後はさらに完成度を上げるのが目標。フレームも実車さながらにしたいし、ボク自身もコピーしていきたいですね」

 いまは“愛車と同じ仕様のラジコンがほしい”という声もあり、オーダーメイドにも挑戦。そのクオリティがフォロワーに評価され、すでに100台以上を製作した。究極のリアルを追及するという挑戦は果てしない。経験と技術、発想力がクオリティを高め、さらにファンを驚かせる作品をSNSで発信していくことだろう。

画像ギャラリー