「3つ年上の恋人」は観音開きの「ランクル80」! デートはいつもスリリングな「泥んこ遊び」 (1/2ページ)

noteで書く
「3つ年上の恋人」は観音開きの「ランクル80」! デートはいつもスリリングな「泥んこ遊び」

この記事をまとめると

  • 3つ年上の相棒に恋をしたランクル80女子オーナー
  • 選んだ恋人は観音開き&MTの硬派な「GX」
  • ランクル仲間たちとの泥んこアソビがライフスタイル

20代前半で謳歌する「ハチマル女子」のランクルライフ

 昔からヨンクが好きだったわけではないが、トヨタ・ランドクルーザー80の存在を知り、実際に所有し始めてからとにかくオフロードを走ることに夢中になった。起伏が激しくて少しでも気を抜いたら横転してしまう、男でも怯むようなフィールドも恐れることなく突き進む。各地にランクル仲間も増え、今が一番楽しい時期。ランクルに乗ってから変わったハチマル女子、大島清香サンのランクルライフに迫る!

初出:ヨンクスタイルvol.4(※一部、加筆修正)

この子とならどこへでも走れる! 頼もしい相棒に出会えた幸せ

 初の愛車は日産エクストレイル。もともとSUVに興味があったというわけではなく、大きなクルマが良かったから。そのころからSNSを始めていて、同車種のオフ会にも参加。交流を深めて輪が広がる楽しさを知った。しかし、とあるランクル40のオーナーと知り合ったのがきっかけで、清香サンの人生が大きく変わることになる。「その方がランドクルーザー80(以下、ハチマル)に乗っている方を紹介してくれて、助手席に座って林道を走ったらすごくオモシロかったんです」

【関連記事】ただのキャンプじゃもったいない! 上級者イチオシの初心者でも楽しめるアクティビティ5つ

ランクル80(オフロード走り)画像はこちら

 私もハチマルに乗りたい。そう決意した彼女はエクストレイルを手放し、ハチマルに乗り換えた。たまたまネットオークションで見つけたこの車両は、まさに彼女が理想としていた「白・ナロー・観音」。ボディカラーはソリッドのホワイトで純正オーバーフェンダーが付いていないナローボディ、そしてリヤハッチドアは観音開き。上級グレードのVX系より、余計な装飾がないシンプルなスタイルが好みだったのだ。しかし、ミッションは5速MT。AT限定だった運転免許は、すぐさま限定解除に踏み切った。そう、ハチマルを買ってやりたかったのがオフロード走行だった。ランドクルーザー80(クロカン仕様)画像はこちら

「経験豊富な方に教えてもらいながら、県内外のオフロードコースに行って走りました。コースによって地形が違うので走り甲斐があります」

 スタックしたら、仲間がジャッキやウインチを使って引っ張り出してくれる。助け合いながらコースを攻略するのも新たな刺激となった。ハチマルは休日だけでなく通勤にも使っている、日々の生活に欠かせない存在で、4年目の現在でも飽きることはないそう。走る道はとてもハードだが、清香サン自身は順風満帆だ。

noteで書く

画像ギャラリー