「減速」に「500万円」ってクルマ買えるじゃん! 深すぎるブレーキいじりの世界 (1/2ページ)

「減速」に「500万円」ってクルマ買えるじゃん! 深すぎるブレーキいじりの世界

確実な安心感を得るために大事

 ブレーキをいじっても速くなるわけじゃないのに……。にも関わらずキャリパーキットは前後で100万円以上することも珍しくない。しかし、じつはしっかり止まるからこそアクセルを踏める。そんな安心感を手に入れるための高級ブレーキとはどんなものなのか。

パッドを押し出すピストンが増える

 ブレーキチューンといえばパッドとローター。そのパッドを押している装置をキャリパーと呼ぶ。油圧ピストンが内蔵されていて、ペダルの圧力をここに伝えてピストンが押し出され、パッドをローターに押し付けてブレーキは利く。どんなクルマでもブレーキは標準装備されているのに、なぜ社外品は高価なのか。

 まず、高性能キャリパーはそのピストン数が増える傾向にある。純正キャリパーの多くは1POTで、キャリパー内に油圧ピストンがひとつある。片押しキャリパーという方式で、ひとつのピストンで内側パッドがローターと接触し、そのそこからステーがスライドして外側のパッドがローターに押し付けられる仕組み。

【関連記事】細い道でも安心! トヨタ「ヤリスクロス」用サイドカメラキットが「データシステム」から新登場しました

一般的なブレーキ画像はこちら

 しかし、高性能キャリパーとなると、このピストンが内側と外側にある。両側から同じように押すことで効率がよくなるのだ。さらにピストン数も増える傾向にあり、4POTは当たり前で今や6POTが普通なくらい。

社外ブレーキのイメージ画像はこちら

 ペダル側のマスターシリンダー(ブレーキフルードに圧力を掛ける装置)が同じなら、キャリパー側のピストンの面積も同じでないといけない。ピストン数を増やして圧力を受ける面積を増やすと、押し付ける力が弱くなってしまうのだ。なので、ピストン数が増えるとその分ひとつのピストンは小さくなる。これがじつはメリット。ピストンのひとつあたりが小さくなることで、ローターの外側を強く押せるのだ。輪軸の原理で、ローターは外側を押したほうがブレーキが利きやすい。だから高級キャリパーは6POTや8POTになっていく。

ハイエンドはアルミを削り出すタイプも存在

 そんなキャリパーは純正では鉄製が普通。高級キャリパーでは軽さを考えてアルミ製。リーズナブルなモデルは2ピース構造で、ふたつのボディをねじで締め付けてある。高価なモデルはモノブロックと呼ばれる一体構造となる。この方がキャリパーの剛性には圧倒的に有利だが、ピストンが入る部分を90度曲がるドリルで切削しなければいけない。そのため製造には高価な切削機械が必要で、おのずとコストが上がってしまう。

GRスープラに装着された社外ブレーキ画像はこちら

 しかも、最高級モデルは鍛造アルミのブロックから削り出すと呼ばれる手法で、四角いアルミをひたすら切削してキャリパーのカタチにしていく。最新の5軸マシニングセンターでも1日2~3個ほどしか作れないため、必然的に高くなってしまうのである。