マニア以外関係なしは「もったいない」! 一般人にも知って欲しいクルマの「サスペンション交換」のいいところ (1/2ページ)

マニア以外関係なしは「もったいない」! 一般人にも知って欲しいクルマの「サスペンション交換」のいいところ

スポーツ性能を伸ばすために交換をする

 チューニングやカスタムに興味がある人がクルマを買い換えたとき、まずタイヤとホイール、そしてサスペンションを交換するのが半ば定番となっている。純正のサスペンションだって、自動車メーカーの設計者が考え抜いて、開発ドライバーが何万kmもテストして、納得ができるものを世の中に送り出している。それなのに、なぜ未練もなくサクッとサスペンションを交換してしまうのか? ひとつにはまず車高を下げたいというのがあるだろう。

 純正サスペンション(以下:純正サス)のセッティングが上々だったとしても、純正品にはメーカー独自の規制があり、タイヤチェーンを巻いたときのクリアランスや、最低地上高にゆとりを持たせたせることが必要だ。またアプローチアングル、デパーチャーアングルなども絡んでくるので、どうしても車高はやや腰高にせざるを得ない。

【関連記事】初心者にオススメのタイムアップの秘策をお教えします! 肝心なのは「ブレーキ」と「タイヤ」選び

サスペンションの構造画像はこちら

車高を下げることでクルマをかっこうよく見せる

 カスタム系のユーザーとしては、その腰高感が許せないので、セッティング云々より、とりあえず車高を下げたいということで、サスペンションを交換する場合が多い。また、タイヤとホイールをインチアップしした場合、サスペンションもタイヤの幅やグリップ力に合ったものに交換したいという理由もある。

【関連記事】初心者にオススメのタイムアップの秘策をお教えします! 肝心なのは「ブレーキ」と「タイヤ」選び

サスペンションを交換したクルマの車高の違い画像はこちら

 さらに、純正サスはスポーツ走行から高速道路、通勤や買い物などの普段の街乗り、晴天から雨や雪、ひとりで乗るときからフル乗車+荷物満載まで、あらゆるシチュエーションでの操縦性やコンフォート性を考えて作られている。用途を絞るのなら一部の性能をさらに引き上げることが十分可能だ。ノーマルサスペンションでコーナーリングをしている様子画像はこちら

 複能のゼネラリストが単能のスペシャリストに及ばないのは世の常なので、乗り心地を犠牲にしてもスポーツ性能を伸ばしたい、といった人がアフターパーツのスポーツサスを欲しくなるケースは少なくない。