タイヤがもげた! トランクが歪んだ! 本当にあった「やっちまった」クルマのカスタム5つ (1/2ページ)

タイヤがもげた! トランクが歪んだ! 本当にあった「やっちまった」クルマのカスタム5つ

この記事をまとめると

  • 安易にカスタムすると危険な自動車のカスタム
  • 正しい知識で後悔しないカスタムを実践したい
  • 自信がない場合はプロに委ねることも大切だ

失敗エピソード01:工事中のマンホールでオイルパンを痛打

 かれこれ四半世紀以上も前の話だが、ボクがVWゴルフⅡに乗っていたときのこと。当時はVWポカール・カップというレースが行われており、俳優の岩城滉一さんやミュージシャンの稲垣潤一さんもエントリーしていたことでも注目を集めていた。世の中ではVWゴルフの人気が高まり、輸入車でありながらもカスタムパーツやチューニングパーツが豊富に出回っていた。VWゴルフⅡの走り

 ボクの愛車にはドイツ製のサスペンションキットを装着し、スプリングをよりローダウンできるものへと交換していた。庶民的なファミリーカーではあるものの低く身構えた姿は精悍であり、憧れのカップカーを思わせるイメージへと変身させることに成功したのである。

 しかし、とある休日、路面工事中の道を走っていると「ガゴン!」という音と、座面からお尻が浮き上がるような衝撃に見舞われた。慌てて路肩にクルマを寄せ、下まわりを覗きこんでみるとオイルパンに亀裂が入り、ポタポタとエンジンオイルが滴っているではないか。そう、路面のアスファルトを剥がしたことでマンホールだけが飛び出した形となり、その段差にオイルパンを打ちつけてしまったのだ。ほぼ着地したローダウン

 スタイル的にはカッコイイと思っていたローダウンだが、やはり日常の足として使うには厳しいものがあり、車高の落とし過ぎは危険であることを痛感させられた。友人の修理工場に連絡しオイルが漏れた愛車を引き上げてもらったのだが、キャリアカーでドナドナされて行く愛車の姿は痛々しく、その情景は今も脳裏から消えることはない……。

失敗エピソード02:旧車ファンはステアリングボスに気を付けて!!

 これは友人のお話なのだが、憧れの「ハコスカ」ことスカイライン2000GT-Xを手に入れたMクン。スクエアなシルバーのボディに刻まれたサーフラインが美しく、時を経た今でも名車としての存在感を漂わせている。基本的にはGT-R仕様へと手を入れた姿はカッコ良いのだが、Mクンは劣化が激しいモモのステアリング(ジャッキースチュワート)が気に入らないようで、クラシカルなナルディのハンドルへと交換することになった。ナルディステアリング

 ネットオークションで手に入れたステアリングが届くと、焦る心を落ち着かせてすぐに装着。6本の六角ネジを緩め、交換作業は簡単に完了したはずなのだが、走り出してみるとステアリングが左に傾いている。駐車場に戻りネジひとつ分を右に付け直して試走すると今度は右に傾いてしまう……?ステアリングボス

 そう、モモとナルディでは同じ6本のネジでも六角形の頂点が1本のナルディと、頂点が2本のモモではボスの穴位置が異なるのだ。とりあえずナルディ用のボスが届くまでMクンは右曲がりのダンディのまま走り続けたのである。

失敗エピソード03:GTウイングは取り付けるときに補強を!

 ネットショッピングで某大国製のGTウイングを購入した友人Sクンは、商品が届くや否や躊躇することなくトランクフードに穴を開け、憧れのGTウイングをガッツリと装着した。その姿はGT300マシンのような戦闘的かつ挑戦的な姿であり、GTウイングを取り付けただけで時速300km/hが出そうな印象へと生まれ変わったのである。GTウイング

 左右6本のボルトで固定された大きな翼だが、追走しているとつねに「ガタガタ」と震えているように見える。本人が満足顔だったこともあり、そのことは言わずにいたのだが、数週間後には友人Sクンの愛車からGTウイングは外され、醜く歪んだトランクフードにガムテープで穴を塞いだ姿だけが残ったのである。トヨタ86のサーキット走行

 そう、取り付けの補強を行わなかったことで重量と振動、風圧にトランクフードが負けてしまい取り返しのつかない状況になってしまったということだ。もし、GTウイングを取り付けたいと思っている人がいるのなら、しっかりとした補強と振動対策を行うことをおすすめする。

ノーマルからクルマをイジることで走行性能の向上や個性が主張できるカスタマイズ。だが安易に度を越した改造を施すと最悪の場合は命を落とすこともある。失敗した後に後悔しても時すでに遅し。いまだから笑って話せる本当にあったカスタムの失敗エピソード5つを紹介しよう。