クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • これぞ自動車メーカーの実力! キャンピングカー5台の完成度が圧巻だった【大阪オートメッセ2022】
CUSTOM
share:

これぞ自動車メーカーの実力! キャンピングカー5台の完成度が圧巻だった【大阪オートメッセ2022】

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭 PHOTO: 佐藤 圭/Auto Messe Web編集部 竹内

ホンダN-WGN PICNIC

 本格的なキャンプまでいかずとも、愛車で気軽なピクニックを楽しみたい。そんな人にはホンダの『N-WGN PICNIC』を。コンセプトは「WEEKEND PICNIC FOR YOU」で、思わず出かけたくなる楽しい世界観を表現したという。

N-WGNのアウトドア仕様

 レトロな雰囲気を醸し出す専用2トーンのボディカラー、丸目ヘッドライトや温かみのあるハロゲンのフォグランプ、各部のガーニッシュは木製と外装にも徹底してこだわる。そして室内はギヤ類を整理整頓しやすい『マルチ収納ツール』や、仕切り機能が付いた『荷室スライドボード』など、使い勝手を向上させる装備が多数。

N-WGNのリヤビュー

 さらに専用のカーペットやシートクロスも用意されており、オシャレかつリラックスできる空間を作れるのもありがたい。

日産キャラバン MOUNTAIN BASE CONCEPT

 トリを飾るのは近未来的な内装が圧倒的なインパクトを放つ、日産が製作した『CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT』だ。トレイルランナーが山で遊び尽くすための基地を想定し、空間を広く取ったシンプルかつ機能的なインテリアが特徴だ。

キャラバンのキャンピングカー仕様

 透明と不透明を切り替える電子シェードのウインドウ、透過式フィルムディスプレイを貼り付けた壁面、前方にインストールされた大型のモニターなど、トレイルランに限らず外遊びの拠点として役立ちそう。

キャラバンの車内

 さらに可動式のソーラーパネルと大容量のポータブル電源を搭載しており、宿泊や天候の回復を待つ際も電子機器を不自由なく使用できる。エクステリアは個性的な形状のイルミネーション付きフロントプロテクター、視認性に優れるイエローのLEDフォグランプやヘッドランプの融雪ヒーター、そして山小屋っぽい趣きがある木目を基調としたラッピング。足まわりは参考出品の専用サスペンションに、オールテレーンタイヤで悪路への備えも万全だ。

可動式ソーラーパネル

1 2
  • デリカの車内
  • デリカのタイヤ&ホイール
  • デリカのキャンプ仕様
  • ミニキャブの車内
  • ミニキャブのアウトドア仕様
  • アトレーのキャンピングカー仕様
  • アトレーの車内
  • N-WGNのアウトドア仕様
  • N-WGNのリヤビュー
  • キャラバンのキャンピングカー仕様
  • メーカーキャンパーの画像
  • 可動式ソーラーパネル
  • キャラバンの車内
すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS