中古価格高騰は避けられないのか? 2022年に25年ルールが適用される国産名車4選 (1/2ページ)

中古価格高騰は避けられないのか? 2022年に25年ルールが適用される国産名車4選

この記事をまとめると

  • 生産から25年が経過したクルマはアメリカに輸出できるというルールがある
  • アメリカでの登録がほぼ不可能だった右ハンドル車が海を渡る可能性が高い
  • ここでは2022年に25年を経過するクルマを紹介

この先価格高騰の可能性もある!

 生産から25年が経過した車両であれば、アメリカへの輸出、登録のハードルが大きく下がるといういわゆる「25年ルール」。これによって基本的にアメリカでの登録がほぼ不可能だった右ハンドル車も大手を振って登録できるようになるというものだ。

 そのため、現在生産から25年が経過した日本車が多くアメリカに輸出されており、スポーツカーはもちろん、軽自動車やビッグセダン、ミニバンまでが海を渡っているのである。

 そこで今回は、今年で25年目を迎える1997年に登場した日本車をピックアップ。もしこれからこれらのモデルの購入を検討しているのであれば、高騰する可能性もあるため早めの行動をオススメしたい。

ホンダ アコード(6代目)

 ホンダのミドルクラスセダン&ワゴンとして人気を博した6代目アコードも今年で生産から25年が経過するモデルとなる。この世代からアメリカ向けのアコードは専用のボディを持つ独自のものとなったため、5ナンバーサイズセダンの6代目アコードは日本仕様のみとなる。

【関連記事】世界最強を目指してNISMOが仕上げた究極のR34GT-R

ホンダ アコード(6代目)画像はこちら

 また3ナンバーサイズのステーションワゴンボディもアメリカ版6代目アコードには設定されておらず、VTECエンジンを搭載したホットモデルのSiRはセダン、ワゴンともに注目を集めることになりそうだ。ホンダ アコードワゴン(6代目)画像はこちら

 なお、セダンに設定されたホッテストモデルのユーロRは2000年に追加されたグレードであるため、まだ25年は経過していないが、こちらも人気が出ることは間違いなさそうだ。2022年に25年ルールが適用されている国産車画像はこちら

日産 ローレル(8代目)

 日本初のハイオーナーカーとして1968年に登場したローレルの8代目、現時点では最終型となるモデルも1997年に登場した1台だ。日産 ローレル(8代目)画像はこちら

 スポーティな「クラブS」系とラグジュアリーな「メダリスト」系に分けられるローレルだが、基本プラットフォームをスカイラインと共有していることから一時期は手ごろなドリフトのベースマシンとして使われることも多かった。日産 ローレル(8代目)画像はこちら

 名機と呼ばれる直列6気筒のRB型エンジンを搭載していることもあり(ディーゼルのRD28型もガソリンのRB型エンジンがベース)、すでにドリフト仕様にカスタマイズされている個体はもちろん、ベース車としても注目を集める可能性は高い。

画像ギャラリー