本物は焼失した1台のみ! 謎と伝説にまみれた「ランボルギーニ・イオタ」とは (2/2ページ)

イオタを熱望する裕福な顧客からオーダーがありレプリカを製作

 ここで話が終わらなかったところがイオタをミステリアスな存在にした所以で、イオタを熱望する裕福な顧客たちから「自分もイオタが欲しい」というオーダーが殺到したため、ランボルギーニはミウラをベースとした“イオタレプリカ”を製作することにした。現在、イオタと呼ばれているものが、このときに造られたクルマたちなのだが、焼失してしまったイオタ(オリジナルJ)は一台しか存在しないので、あくまでも正式な名称はミウラSVJとなる。ランボルギーニは現在もイオタレプリカをミウラとして扱っている。

【関連記事】フェラーリ「テスタロッサ」が2億6500万円! 世界に1台のはずが、なぜ複数台存在する?

ランボルギーニ・ミウラSVJ画像はこちら

 日本で有名なイオタレプリカといえば、当時の西ドイツでランボルギーニ・ディーラーを営んでいたフーベルト・ハーネのオーダーにより、1975年11月にイオタ仕様となったシャシーナンバー#3781の個体だ。このクルマの足まわりはミウラSVのモノに交換され、エンジンもチューン。そのレーシーなスタイルからイオタSVRと呼ばれ、これが本物のイオタだと思っている人も多い。ランボルギーニ・ミウラSVR画像はこちら

 特徴的なルーフウイングとBBSホイールはランボルギーニからデリバリーされたあとに装着されたのだという。ちなみに、このルーフウイングは、ウルフカウンタックをオーダーしたことで知られるウォルター・ウルフが、最初期のカウンタックLP400に装着していたものと同型だ。ランボルギーニ・ミウラSVR画像はこちら

 フーベルト・ハーネはアメリカ人のためにシャシーナンバー#3781のイオタ仕様をオーダーしたがキャンセルとなったため、某日本人に売却。スーパーカーブームで盛り上がっていた1976年6月2日に日本に上陸した。そういったこともあり、日本人のなかでイオタ=リヤフェンダーがワイド化されているイオタSVRというイメージなのであった。ランボルギーニ・ミウラSVR画像はこちら

 世界中に数多くのイオタレプリカが存在しているが、現時点ではシャシーナンバーが#3754、#4088、#4808、#4860、#4892、#4934、#4990、#5084、#5090、#5100、#5113の個体がランボルギーニによって製作されたミウラSVJであることが確認されている。

 スーパーカーブーム全盛時に神奈川県横浜市港北区にある新羽町の町工場でイオタのクローンを製作していたという黒いウワサがある。それを高価で買ってしまったオーナーがいるかもしれないので、友人が自身のミウラのことを「ミウラSVJ」と呼んでいたら、シャシーナンバーの確認作業は控えたほうがいいだろう。